投稿日:

メニコンreiの安全性のこだわりがすごいって本当?

メガネからコンタクトに変えたいけど、コンタクトをつけるのはチョット怖いという人もたくさんいると思います。
既にコンタクトを使用している人にとっては何の問題もないでしょうが、使用したことがない人にとっては、レンズを目に直接につけるということは最初はどうしても怖いですよね。

また、オシャレのためにカラコンやサークルレンズをつけてみたいけど、安全性に不安がある人もたくさんいると思います。
安全面のことを考えると、メニコンのように誰もが聞いたことがあるメーカーだと安心して使用することが出来ると思います。

実際にメニコンreiはサークルレンズでは初めて国内の自社工場で生産されていて、安全性に非常にこだわってつくられています。

そしてメニコンreiはオーバーフィルム製法でつくられているのが特徴です。
オーバーフィルム層で着色してある層をしっかりとガードしているために色素が目に触れてしまう心配はありません。
メニコンreiは2ウィークのサークルレンズですが、2週間使用してもきちんとガードされるつくりになっています。
さらにレンズは汚れがつきにくいとされている非イオン性の素材が使用されていていますね。

またレンズの含水率が72%というレンズであるのも大きな特徴です。
含水率72%のレンズというと、高含水素材といわれるくらいたっぷりと水が含まれているレンズです。
水分がたっぷりと含まれているので乾きにくいだけでなく、酸素も通しやすくなるので、しっかりと瞳まで酸素が届けられます。

着色してある部分も、色素分子に酸素が通れるだけの隙間が空いているので、着色してない部分と同じようにしっかりと酸素を通すことが出来ます。

また、レンズが表の状態の時と裏返した状態の時の形状が全く異なるので、どちらが表なのかがはっきりわかるようになっています。
よって間違って裏返しに装着してしまうという心配もないので、初心者でも安心です。
こういった細かい部分にこだわってくれているのも使用する側にとっては嬉しいものですよね、こちら→子供用のカラコンとしても安心!メニコンのサークルレンズ Rei