投稿日:

不動産会社で購入するメリットとデメリットについて

不動産会社で中古住宅を購入すると、新築より安上がり、すぐに住める、家具や家電もついていることがあるなどがメリットですね。

例えば新築で住宅を注文した際は、土地と一緒に建物を購入する必要が生じることから、1000万円を超える費用が必要です。

補助金を活用したりローンを組むことでそれなりに費用を軽減ができますが、それでも総合的に見ると費用がかなりかかりますね。

中古住宅ならすでに家を建設済みなため、大工に建設して頂く必要はありません。

土地とセットでの値段なので、購入すれば安上がりなのが良い部分ですね。

結婚をして新生活を開始した人の場合は、かなりの費用を軽減できたことから、その分のお金を子供に回すこともできます。

(参考)
あまり知られていな『もらえるお金』助成金の真実!!(大阪府版)

子供を育てるには多額のお金が必要ですが、家を安く手に入れられたので、子供を育てる助けになりますね。

別途費用はかかりますが、家の規模を拡大して2世帯や3世帯住宅にすれば、実家の両親と一緒に住むこともできます。

3世帯にすれば子供が成長しても新しく家を建てる手間が省けるので、子供が早めに結婚をする手助けにもつながりますね。

家を新規に建築するには相当なお金が必要なため、子供は大喜びで家に住み続けてくれるはずです。

あと、中古住宅は購入すればすぐに生活を開始可能です。

新築なら引越しするまでに家を建築するため、1ヶ月弱はかかりますが、すでに家があるので手間がかかりません。

駐車場がある場合は、そこへ車を停めることになります。

家族が増えると想定される時は、駐車場を拡大させるのも悪くないですね。

子供が成長をすると、車に乗るのは自然の流れなので、早期に駐車場を広げておけばその時に役立ちます。

ただ、家を購入した後なので、まだ費用面できついですね。

なので、頑張って働いてお金が貯まってきた時に広げるといいかもしれないです。

また、中古住宅にはすでに箪笥やエアコン、または冷蔵庫や暖房器具などが備えついていることがあります。

新規に購入する必要がなくなったことから、有り難いと考えてもおかしくないですね。

箪笥や炬燵、机やテーブルは大丈夫ですが、家電については製造年を良く調べてみましょう。

洗濯機は5年、冷蔵庫やエアコンは10年程度持てばいいほうなため、製造年が古いと感じた際は新規で購入したほうが無難です。

(参考)
いわゆる「白物家電」の一般的な寿命ってどのぐらいなのでしょうか?壊れな… – Yahoo!知恵袋

特に冷蔵庫は劣化してくると内部のモーターが回らなくなり、故障しやすくなるので、修理が必要になる場合があります。

それほど古くない場合は、そのまま使い続けても問題ないですね。

他にも照明器具も十分注意しておくといいです。

古い照明灯だった時は、蛍光灯の寿命があまり長くないことから、すぐに点滅してきますね。

その状態が長引くと目に毒なので、最新のLEDを使った照明器具に変更すれば、長寿命なので室内で安心して生活可能ですね。

費用はあまり高くないため、すぐに交換しておきましょう。

デメリットは結構お金がかかる、近所の人に挨拶が必要、地理がよくわからないなどです。

マイランドなどで中古住宅を購入するにはかなりの金額が必要ですね。

人によっては一括払いも可能ですが、一般人では難しい方法と言えます。

(参考)
マイランド

住宅を建てたわけでもないことから、補助金の申請は無理ですが、ローンを組ませてほしいとお願いすることは可能ですね。

マイランドなどの不動産会社の業者も一括払いで買えるとは考えていないため、ローンを組みたいと言えば、喜んで承諾してくれるはずです。

20年は難しいですが、10年程度なら問題なく組ませてくれるので、支払いをするのが楽になります。

最初の月はどうしても高くなりますが、その後は支払い金額は上がったりはしないので大丈夫ですね。

あと、引越しをしてきたため、近所の人々に挨拶回りをすることになります。

何も持たずに行くこともできますが、後々のことを考えると、何かを持参して伺ったほうがいいです。

スーパーかホームセンターで、石鹸かお菓子類が入ったギフトを購入すれば簡単に用意できます。

石鹸は日常的に使えますし、お菓子類は煎餅が入った物なら喜ばれますね。

そして、近所の人に出会ったら、挨拶をした後にギフトを手渡します。

上手くいくと雑談をすることができるので、より良い関係を構築するきっかけにつながることがありますね。

雑談ができれば、近所の人達との立ち話ができる確率が上昇するので、生活をしやすくなります。

家で1人で過ごすのは退屈ですが、外に出て誰かと会話ができる状態なら、生活に張りが出ますね。

また、中古住宅を購入したのが安かったというのが理由だった時は、そこで生活を開始すると、道が不慣れなため迷いやすいです。

それに、家から徒歩で出かけた時は、住宅地が密集している地域だった時は、迷ってしまうと思われますね。

自身で購入した家をよくチェックして、その特徴を頭に入れれば対策に効果的です。

あるいは、車にカーナビを取付けておけば、出かけても迷わずに帰ることができるので便利ですね。