投稿日:

林田学の薬機法ルールで広告表現を理解する

広告表現を理解するように努めると、インターネット販売サイトは消費者の目線で見やすくなる傾向があります。
広告の表現はイメージを優先させても良いのですが、健康食品の分野の場合はイメージだけではなく法律を遵守した事実確認も大切になります。

健康食品を商品としてだけ捉えるのではなく、摂取した人が感じる特徴によっては医薬品と誤解される要素があるからです。
林田学は薬機法ルールで、健康食品を正確に広告表現するポイントを提示しています。

広告表現のポイントは、健康食品の場合は、医薬品であるかのような効果を誇張して宣伝しないのがポイントです。

個人差があるからというだけではなく、医薬品ではないという前提が重要です。
もちろん医薬品を取り扱うときは、効果を広告表現しても良いのですが、イメージ過多にならずに正確な表現が求められます。

林田学は薬機法ルールで、イメージ過多に陥らずに正確に広告表現できるポイントを提示していますので、インターネット販売サイトを作成するときに応用しましょう。

健康食品は、すべての食品にも通じるのですが、やはり原材料の表示が重要です。
同時に、健康食品だからこその成分表示が求められます。
栄養素の表示も重要です。

消費者が求めているのは、イメージと言うよりも、正確な情報です。
原材料は何を使用しているのか、成分は何か、シンプルな疑問に対して解答しているような表示なら安心です。

消費者の安心は、イメージからと言うよりも、正確に情報を公開表示しているかどうかです。
製造者と販売者が異なる場合は、販売者だけでなく製造者も記載されているほうが、消費者にとっては安心材料になります。

法律の規定は、必ずしも情報すべての開示ではありませんので、インターネット販売サイトで補完するのも良いでしょう。
保管する情報も真実である必要があります。

健康食品を取り扱うときは、薬という文字の使用には要注意です。
薬という文字が存在するだけでも、購入者によっては医薬品と誤解する可能性もあるため、薬機法ルールを参照しながら適切な広告表現を心がけましょう。