投稿日:

子供に空手道場で空手を習わせるメリット

空手は防具を装着するので安全

子供に空手道場で空手を稽古をさせたいが危険ではないかと躊躇している方は少なくありません。

ところが、空手は持たれている印象とは異なり危険な武道ではないです。

空手にも様々な種類がありますが、多くの練習時間は形を覚えるということで占められているため全く危険性はありません。

そして、試合では拳を対戦する相手と交えることになりますが、防具を装着して戦うため危なくないです。

極真空手などの場合は危険性が高くなりますが、子供が稽古するような内容の空手だと危険性を意識する必要はほとんどありません。

5歳ぐらいから習わせるのがベスト

空手を子どもに習わせたい場合は、できるだけ早めに始めさせた方が良いのですが、目安としては、およそ5歳ぐらいになります。

子供の中には、およそ3歳ぐらいから空手道場に通っている場合もあります。

小学校に入学するタイミングで空手道場に通わせるというのも良い方法の1つとなります。

空手の稽古を始める年齢は、ある程度、子供の状況や気持ちに応じて選ぶことができますが、あまり年齢が幼い頃から習わせると怪我をしてしまう可能性が高くなってしまうことは前もって知っておく必要があります。

空手を子供に習わせるメリットとは?

空手を習うメリットはたくさんあります。

代表的なメリットとして挙げられるのが集中力がつけられるということになります。

空手は激しい動きと静かな動きを頻繁に切り替える必要があり、集中力がないと行うことができません。

ですので、空手を習っていると集中力が自然に身につくようになってきます。

そして、空手にはストレスを解消させるというメリットもあります。

空手の稽古をするときには大きい声で気合を入れるため、ストレスを解消させるのに非常に適しています。

運動不足解消にもなる

そして、身体を動かすことになるので運動不足解消になるというメリットもあります。

空手は形を大切にする武道で、形を覚えることによって自分の身体の身のこなし方が効率的になります。

その上に、空手そのものが全身を使った運動になるため、良いバランスで身体全体の筋肉を鍛えることができるのもメリットになります。

そして、近頃は脳が適度な運動をすることによって発達する効果があることが分かってきていますが、空手を実際に習っている子供は学校の成績についても良い結果を残している場合が多いです。

子供に空手道場で空手の稽古をさせることによって自信を持たせる効果を得ることが期待できます。

子供時代に養った自信は、大人になってから役立つことは、ほぼ確実です。

川崎市空手道場