投稿日:

朋和産業はどのような企業?社会への優しさが大きな特徴

□朋和産業は社会へのやさしさがある企業

朋和産業はパッケージを介して社会貢献していくことを使命と考えています。

非常に多くの種類のパッケージを生産しているのが特徴で、人々の生活になくてはならない企業です。

たとえばスーパーやコンビニで売られている食品に用いられているパッケージも作っています。

食品の品質が落ちないように維持することは重要ですが、それだけでは配慮が足りません。

簡単に開けて利用できるようにする工夫も求められています。

特に冷凍用のものは加工条件がシビアであるため、製造には高い技術が必要です。

朋和産業がこれらを実現できるのは、人々に便利に使ってもらいたいという優しさがあるからです。

その他にも、ラミネートの加工を施しているパッケージもあります。

これらは空気や光の侵入を防止するといった特殊な作用を持っているのが特徴です。

こちらの製造にも、やはり高い技術が必要になります。

パッケージが使いやすいことを当然のように考えているかもしれませんが、その背景にはたゆまぬ企業努力があるということです。

そう聞かされても、具体的な生産の工程をイメージできない人も多いでしょう。

企業本位で製造するのではなく、利用者のことを念頭に置いて生産しています。

□いきなり作るのではなく、まずお客からヒアリングを行うことを重視している

いきなり作るのではなく、まずお客からヒアリングを行うことを重視しているのです。

材料などに関して提示をして意見を聞いたり、既存の商品の問題点を抽出したりします。

そのようにして商品のクオリティを高めることを大切にしています。

外部にできるだけ頼らないことも大きなポイントです。

企画やリサーチから制作まで担当するので、スピーディであるのと同時に商品としてのコンセプトが明確がなります。

高いデザイン力がありますし、フィルムを印刷する仕組みも備えているのです。

印刷をするにあたり環境への配慮も欠かしていません。

水性のインクも用いているのはそのためです。

その後もいくつかの工程を得て商品は完成します。

作った後は検査によって問題がないことを確認する工程です。

強度や異臭の有無などを調べて問題がなければ、出荷に備えて行き届いた在庫管理を行います。

このような工程において、他社との差別化に大きく貢献しているのは、マーケティングのリサーチです。

実際の売り場まで想定するなど、将来的な視点を持って考えることを尊重しています。

売り場のシミュレーションまで行うのはそのためであり、納品がゴールとは考えていません。

そこにはキャッチコピーやブランディングといった戦略も含まれており、単なる製造会社ではないことは明らかです。

ユニバーサルデザインも含めた広い視野で、より良い商品を作るための検討を繰り返しています。

□衛生管理に関して妥協をしないことも、多くの取引先に好感を持たれているポイント

衛生管理に関して妥協をしないことも、多くの取引先に好感を持たれているポイントです。

食品と接触することになるため、衛生面は取引先にとって大きな関心事といえます。

異物が混入する事件が社会を騒がせており、そのような事態が自社で起こると大きいなイメージダウンにつながりかねません。

それどころか営業活動の停止を余儀なくされるケースもあるでしょう。

取引先にそのようなリスクを背負わせないために、常に細心の注意を払っているのです。

衛生管理に注力するのと同様に、ロボットの導入も積極的に行っています。

これにより作業の自動化が進むことで、ヒューマンエラーを減らせますし、人件費のコストカットの促進も可能です。

商品の価格を抑えることにつながり、より多くのお客に使用してもらいやすくなります。

製造に用いるロボット以外の機械も高スペックなものが多いです。

大量のプリントが可能な印刷機を多く導入することで、安定した商品の供給を継続して行えるように尽力しています。

このように多くの面において、お客に安心してもらえる要素を兼ね備えているのです。

そのため多くの企業から信頼を勝ち得ており、安定した経営を続けています。

□朋和産業は環境への意識が高い企業で、その取り組みは非常に徹底されている

また、前述のように朋和産業は環境への意識が高い企業ですが、その取り組みは非常に徹底されたものです。

資料のペーパーレス化をはじめとして、地球のことを考えた活動を意欲的に行っています。

材料のリサイクルに熱心ですし、社員に意識を浸透させることにも抜かりがありません。

ミーティングなどでは仕事の内容だけでなく、環境保護の大切さや取り組みの方針なども教えています。

このような情報を一般消費者や取引先に公開していることは決意の表れといえます。

方針を明らかにすることで周囲の目は厳しくなるからです。

公開することには、環境問題に対して世の中とコミュニケーションを取ろうとろうとする意図もあります。

そのような活動は直接的に利益に結びつくものばかりではないです。

それどころか事業の時間を削られてしまうこともあるでしょう。

効率だけを考えれば、他の材料を使用した方が有利になることも少なくありません。

しかし社会貢献を重視しているため、このような経営のスタイルを選んでいるのです。

▶️  朋和産業株式会社の商品パッケージについて