投稿日:

家庭内で出来る省エネ

専門家エスコシステムズから省エネを学ぶ

省エネをすることによって、電気代の節約にもつながりますので、会社だけではなく家庭でも出来る事をどんどんしていくといいでしょう。
家庭でも簡単に省エネをする方法としては、電化製品を省エネ対応のものに買い替えることによって、苦労することなく節電をすることが出来ます。
しかしまだまだ使えるも家電製品だというのに買い替えるのはもったいないですので、電化製品の買い替えに関しては、買い替え時期が来た時に行ってもいいでしょう。

電球に関しても、電球がきれて買い替える時には、LED電球などに買い替えると効果的です。
購入時には普通の電球よりも値段は高くなりますが、それでも電気代の事を考えてみると最終的には安かったという事になりますので、買い替え時には検討をしてみる事です。

電化製品の買い替えが今すぐに行うのが難しいのであれば、少しでも普段から省エネをするようにしなくてはなりませんが、どのような方法があるでしょうか。
省エネの専門家であるエスコシステムズさんにも少し訪ねてみました。

エアコンは夏場は28度冬場は20度設定を基本に

家庭内で消費する電力で大きいのはエアコンですが、対策次第によっては大きな省エネ効果があります。
まずは基本的な部分から行くと、エアコンの設定温度に注目をしてみる事です。

夏場と冬場では設定温度を変えるようにし、夏場は28度冬場は20度設定を基本としておくといいでしょう。
夏に冷やし過ぎてしまうと、その時には涼しくて気持ちいいと感じるものですが、電気代がかかるだけではなく体の必要以上に冷えてしまうためよくありません。

体を冷やし過ぎてしまえば、外気との温度差が激しすぎる事になりますので、体調不良の原因にもなりますし、冷え過ぎから体を痛めることになってもいけません。

冬に関しても同じで、暖め過ぎてしまえば体が弱ってしまいますので、適切な温度に設定をしておく必要があります。
適切な温度に設定をしたとしても、夏場に暑いと感じるのであれば、カーテンを閉めて外からの熱を防ぐようにしたり、風通しのいい服などを着るようにしてみるといいでしょう。

エアコンを稼働させる前に部屋の中の温度を近づけておく

エアコンだけに頼ろうとすればどうしても設定温度を変えなくてはならなくなるので、それでは節電にもつながりませんし、無駄な電気を使うだけになってしまいます。

必要以上に電気を使わない為には、いろんな工夫が必要です。
エアコンは設定温度に到達すれば、そこからは安定した運転を続けていく事になりますが、設定温度になるまでには頑張って稼働をすることになります。

設定温度と室内の温度差が激しい場合は、たくさんの電力を使う事になりますので、エアコンを稼働させる前に、出来るだけ部屋の中の温度を近づけておく必要があります。

夏場の場合、外から帰ってくればすぐにエアコンのスイッチを入れるようになりますが、スタートする前には、部屋の中の温度を下げるようにしましょう。
家の中の窓を全部開け、扇風機を使って部屋の中の暑さを外に逃がすようにします。

窓を開けて扇風機を使用する癖をつける

部屋の中の温度を下げる事が出来れば、エアコンもたくさんの力を使わなくても良くなりますので、節電につなげていけるようになるのです。
家に帰ってきたら当然のようにリモコンを持つのではなく、窓を開けて扇風機を使用する癖をつけるようにしておけば、部屋の中が冷えるのも早くなります。

扇風機をつけるのはエアコンのスタート時だけではなく、エアコンの使用中にも使うようにするといいでしょう。
部屋の中の空気を扇風機を使用して循環させることによって、体感温度が下がるようになりますので、感じ方が変わってきます。

体感温度が変われば部屋の中で涼しく過ごす事が出来ますので、28度の設定にしても不快感を感じる事は少なくなります。
今までと設定温度が変われば最初は体が慣れないかもしれませんが、いろんな方法を組み合わせて節電をすることによって、不快感を感じる事なく快適に過ごせるようになります。

こまめにフィルター掃除を行うようにする

毎日の掃除を行っている人でも、エアコンのフィルターに関してはワンシーズンに一度くらいのペースでしか掃除をしていない人もいるでしょう。
それでは消費電力を抑えることが出来ませんので、こまめにフィルター掃除を行うようにする事です。

フィルター掃除は機種によっても違いますが、女性でも簡単に行う事が出来ますので、忘れないようにこまめに掃除をするようにしておくのを忘れてはいけません。

エアコンに関して以外にも家の中で省エネ出来る部分はたくさんありますので、電気だけではなくガスなどにも注目をしてみる事です。
家族のみんなが気をつける事によって、大きな節電につながっていきますので、節電が生活の中に当たり前に取り込まれていくようにしましょう。

各家庭で気をつけるようにしていけば、町全体でかなりの節約になりますので、自分一人が行っても変わらないと思ってはいけません。
1人1人が意識を変えていくことが大事ですので、私だけと考えるのではなく、大きな一歩になると考えながら節電をすれば、みんなで協力をしていくことが出来るでしょう。

出典:エスコシステムズ評判より