Posted on

人身事故だった場合の交通事故の慰謝料

人身事故と物損事故について

交通事故はその態様によってさまざまな種類に分けられます。
それは自動車安全運転センターから交通事故証明書の発行を受けて、その内容を確認してみれば明らかです。

そのような区別のなかでもより大きなものとしては、人身事故と物損事故とが挙げられます。
物損事故は被害が物に対して発生したものを指しています。

たとえば相手の被害者の自動車に凹みやキズがついたり、あるいは大破して自動車としての機能さえもなくなってしまう場合などが典型的といえます。
そのほかにもガードレールや中央分離帯にぶつかったり、道路沿いにある店舗や民家に突っ込んで破損させてしまった場合なども同様といえるでしょう。

これに対して人身事故というのは被害者の身体または生命に対して危害が加わるような交通事故のことを指しています。
相手がケガをしたり身体に障害が生じる場合もあれば、亡くなってしまうことさえもありますが、いずれにしても種類としては人身事故に含まれます。

このような交通事故によって相手に被害を与えた当事者は、請求があればその損害に見合った金額を賠償するとともに、精神的または肉体的な苦痛に対しての慰謝料を支払わなければなりません。

物損事故であれば被害は物にとどまるため、通常は該当する物の修理や工事、代わりの物の新規購入のために必要になった費用だけを弁償すればよく、よくある高額な慰謝料までを要求されることはありません。

実際に自動車保険に加入しているケースでも、物損事故に対してそこまで高額な保険金を給付してもらえることはまずないといえます。

ところが人身事故となれば話は別であって、過去には損害賠償と慰謝料その他をすべて込みで1件の交通事故に対して5億円や1億円などといった、相当に高額な請求が民事裁判で認められた判例があります。

後遺障害に対しての慰謝料は一括で支払う必要がある

このように加害者が被害者に対して支払わなければならない金銭の内訳ですが、治療が可能なケガの場合であれば、入院や通院に要した治療費、医薬品の代金、診断書の作成依頼などの文書料、通院に際してタクシーやバスを利用したときの運賃などとともに、入院または通院の日数に応じた一定の金額の慰謝料などが含まれるのが普通です。

治療そのものは終わったとしても身体に障害が残ってしまった場合には、治療費はこれ以上支払うべき理由がなくなりますが、その後遺障害に対しての慰謝料は一括で支払う必要が出てきます。
金額も個別具体のケースによって大幅な違いありますが、基本は身体的な部位と状態の深刻さにあわせて決まると考えてもよいでしょう。

具体的な金額は自動車保険を取り扱っている損害保険会社が保険金として支払う基準などを見ておくと参考になります。
たとえば左右どちらか一方の指が欠けた状態と、両腕がすべて欠けた状態とを比較すると、後者のほうがより程度が重いはずですので、金額も大きくなります。

また外見が障害の有無がわかる場合に加えて、腕や足が交通事故の影響で麻痺してしまい自力では動かせなくなった状態なども、やはり身体障害の区分に含まれます。

このようなケースでは日常生活を送るのにも他人の介護が必要となってくることがあり、実は介護のための費用までを考慮して、金額がより大きくなる可能性があることは留意すべきです。

交通事故の慰謝料の基準について

これらの慰謝料はいくつか基準となるものがありますが、一般に知られているのは自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準の3つです。
自賠責保険は文字通り自動車の所有者や使用者がかならず加入しなければならないことが法律によって義務付けられている自賠責保険の保険金の支払い基準として決まっている金額のことを指しています。

※こちらも参考→交通事故慰謝料の弁護士基準に関して

この基準は国が告示していますので、誰でも自由に見ることが可能ですが、基本的に自賠責保険が最低限の被害者救済を意図してつくられた制度のため、数ある基準のなかでももっとも金額が低いものとなっています。

任意保険基準は民間の損害保険会社などが提供している自動車保険における保険金の支払い基準のことです。
任意保険は自賠責保険を補完する役目を果たしているため、自賠責保険よりは高額に設定されているのが普通です。

これはあくまでも自賠責基準と比較した場合を意味するのであって、被害者サイドから見れば十分な金額とはいえない場合があるほか、会社によっても基準そのものが違っていますので、実態がつかめない部分があることは事実です。

最後の弁護士基準というのは特別な存在で、示談が成立せずに民事訴訟になった場合に弁護士が法廷で主張する金額ということになります。
民事裁判については全国各地で毎年かなりの数が提起されており、その結果としての判例も蓄積されています。

具体的にはこのような判例をもとにしてつくられたのが弁護士基準ですが、一般人には縁がないとはいえ、日本弁護士連合会などの組織で公刊している基準を掲載した本がありますので、これがもとになって訴状がつくられます。

Posted on

飲み放題で元は取れるのか、店側の利益は大丈夫なの?

飲み放題ってどう?アンドモワ株式会社に聞いた

居酒屋で飲み物を注文する際、飲みたいものを1杯ずつ注文する普通の注文にするか、決められた種類の飲み物を一定時間好きなだけ注文できる飲み放題にするか悩みますよね。

普通に注文する場合、自分の飲みたいものを注文できて時間を気にしないで飲むことができますが、金額が気になって会計が心配になります。
飲み放題は注文できる種類が限られていて時間が決まっていますが、時間内なら好きなだけ飲めるので会計が楽です。

そういう意味ではとても魅力的なプランで、定額料金を支払えば一定のアルコールを希望する量だけ飲むことかできるのでお酒が好きな人にはたまりませんよね。

最近はアンドモワ株式会社の居酒屋チェーンはじめ、ほとんどの居酒屋で飲み放題プランのシステムがあり、一定の料金を支払うことで沢山の種類のアルコールやソフトドリンクをいくらでも注文することができます。

最大のメリットは単品注文よりもお得なところで、居酒屋によって値段設定は違うものの沢山飲む人にとってはお得です。
飲むペースは人それぞれですが、20分から30分に一杯ぐらいのペースで飲めば元はとれるでしょう。

単品だと注文する都度金額が膨らんでしまうので沢山飲みたくてもなかなか注文しづらい面がありますが、いくら注文しても定額なので料金を気にすることがありません。

宴会を開いた時に幹事が計算しやすいのも魅力

テンションが上がって飲み過ぎてしまった時でも安心で、安くつくのは嬉しいところです。

宴会を開いた時に幹事がしやすいのも魅力で、単品注文のように会計で誰がどれだけ飲んだか計算する必要がないので楽です。
途中で帰ってしまう人がいる場合、お金を徴収するのも気が引けますが、開始前に定額を徴収するだけで良いので幹事がしやすいですよね。

このように様々なメリットがあるので普通に飲み物を注文するより断然お得ということになるのですが、注意しないといけないことがあります。
基本的に2時間で4杯以上飲めば得になる計算なのですが、提供されているアルコールは普通注文のそれと同じ銘柄かどうかは疑わしいです。

飲み物の種類はいくつかありますが、それらの銘柄や料金についても普通注文のものと同じとは限りません。
これらの点を考慮すると、本当にお得なのかどうかわかりかねますが安く沢山飲みたい人にとってはやはりお得と言えるのかもしれませんね。

お店の経営は大丈夫なのか?

ところで居酒屋で飲み放題コースを注文すると、気になるのがお店の経営は大丈夫なのかということです。
酒豪の人はこれでもかというくらいの量を飲むので、これだけ飲んでお店に利益は出るのかと思ってしまいますよね。

どれだけ飲んでも料金が一定なのに居酒屋はどのように利益を出しているのかと言うと、飲み物の原価による戦略があるのです。
お客の側からすると支払う料金以上の飲み物を注文すれば得になるわけですが、店側は飲み物の原価を越えなければ利益が出る仕組みになっています。

1番原価が高いのが生ビールで、次いで日本酒やワイン、酎ハイやカクテルと続きます。
お酒を飲めない女子がよく頼むソフトドリンクについては、実は原価を考慮しなくてもほぼ問題ない飲み物なんですね。

中ジョッキばかり頼まれるとむと店側は困るのではと思いますが、ビールをウリに他の飲み物やフードを注文してもらうことで利益が出るようになっているのです。

要するにお店はビールで赤字が出ることは想定済みで、原価がやや高めの日本酒やワインが好きな人はコースに含まれていない銘柄を好みやすい傾向にあります。
最初の1杯目はビールでも後は酎ハイを頼む人も多く、そうしたお客は店側にとってありがたいお客様と言った感じになるのです。

グループ全体で見ると居酒屋にもしっかり利益がある

店側はビールをウリにして他のメニューで利益を出すようになっていて、時間があってもあまり飲めないのが落とし穴なんです。
90分や120分のコースが定番になりますが、たとえば120分のコースでも1杯飲むのに注文をして運ばれてきて飲み干すという時間が必要になります。

お酒好きの人なら5分くらいで1杯飲む人もいるかもしれませんが、後半になるとペースは落ちてきます。
居酒屋で会話もしないでひたすら注文して黙々と飲む人は少なく、周りとの会話よりひたすらお酒を優先する人は少ないものです。

お酒が強く、会話よりもひたすら飲みまくって元を取る人も確かにいるかもしれません。
しかし飲み放題コースを頼む場面は多くの場合、サークルの打ち上げや懇親会、忘年会などです。

そうなるとお酒が弱い人も中には絶対にいて、そうした人たちは大体ソフトドリンクや酎ハイやカクテルなどの原価が低いものを数杯飲むだけになります。
原価の高い飲み物を注文しないでコース料金を支払ってくれれば、店側にとっては有り難いお客様になるのです。

グループの中で一人がたくさん飲んで元を取ったとしても、全体で計算してお店側に利益が出ればいいんです。
飲み放題と言うとお客の側だけ得なイメージがありますが、決してそうではないんですね。

グループ全体で見ると居酒屋にもしっかり利益があるわけで、そこに居酒屋側の狙いがあると言ってもいいのかもしれません。

Posted on

家庭内で出来る省エネ

専門家エスコシステムズから省エネを学ぶ

省エネをすることによって、電気代の節約にもつながりますので、会社だけではなく家庭でも出来る事をどんどんしていくといいでしょう。
家庭でも簡単に省エネをする方法としては、電化製品を省エネ対応のものに買い替えることによって、苦労することなく節電をすることが出来ます。
しかしまだまだ使えるも家電製品だというのに買い替えるのはもったいないですので、電化製品の買い替えに関しては、買い替え時期が来た時に行ってもいいでしょう。

電球に関しても、電球がきれて買い替える時には、LED電球などに買い替えると効果的です。
購入時には普通の電球よりも値段は高くなりますが、それでも電気代の事を考えてみると最終的には安かったという事になりますので、買い替え時には検討をしてみる事です。

電化製品の買い替えが今すぐに行うのが難しいのであれば、少しでも普段から省エネをするようにしなくてはなりませんが、どのような方法があるでしょうか。
省エネの専門家であるエスコシステムズさんにも少し訪ねてみました。

エアコンは夏場は28度冬場は20度設定を基本に

家庭内で消費する電力で大きいのはエアコンですが、対策次第によっては大きな省エネ効果があります。
まずは基本的な部分から行くと、エアコンの設定温度に注目をしてみる事です。

夏場と冬場では設定温度を変えるようにし、夏場は28度冬場は20度設定を基本としておくといいでしょう。
夏に冷やし過ぎてしまうと、その時には涼しくて気持ちいいと感じるものですが、電気代がかかるだけではなく体の必要以上に冷えてしまうためよくありません。

体を冷やし過ぎてしまえば、外気との温度差が激しすぎる事になりますので、体調不良の原因にもなりますし、冷え過ぎから体を痛めることになってもいけません。

冬に関しても同じで、暖め過ぎてしまえば体が弱ってしまいますので、適切な温度に設定をしておく必要があります。
適切な温度に設定をしたとしても、夏場に暑いと感じるのであれば、カーテンを閉めて外からの熱を防ぐようにしたり、風通しのいい服などを着るようにしてみるといいでしょう。

エアコンを稼働させる前に部屋の中の温度を近づけておく

エアコンだけに頼ろうとすればどうしても設定温度を変えなくてはならなくなるので、それでは節電にもつながりませんし、無駄な電気を使うだけになってしまいます。

必要以上に電気を使わない為には、いろんな工夫が必要です。
エアコンは設定温度に到達すれば、そこからは安定した運転を続けていく事になりますが、設定温度になるまでには頑張って稼働をすることになります。

設定温度と室内の温度差が激しい場合は、たくさんの電力を使う事になりますので、エアコンを稼働させる前に、出来るだけ部屋の中の温度を近づけておく必要があります。

夏場の場合、外から帰ってくればすぐにエアコンのスイッチを入れるようになりますが、スタートする前には、部屋の中の温度を下げるようにしましょう。
家の中の窓を全部開け、扇風機を使って部屋の中の暑さを外に逃がすようにします。

窓を開けて扇風機を使用する癖をつける

部屋の中の温度を下げる事が出来れば、エアコンもたくさんの力を使わなくても良くなりますので、節電につなげていけるようになるのです。
家に帰ってきたら当然のようにリモコンを持つのではなく、窓を開けて扇風機を使用する癖をつけるようにしておけば、部屋の中が冷えるのも早くなります。

扇風機をつけるのはエアコンのスタート時だけではなく、エアコンの使用中にも使うようにするといいでしょう。
部屋の中の空気を扇風機を使用して循環させることによって、体感温度が下がるようになりますので、感じ方が変わってきます。

体感温度が変われば部屋の中で涼しく過ごす事が出来ますので、28度の設定にしても不快感を感じる事は少なくなります。
今までと設定温度が変われば最初は体が慣れないかもしれませんが、いろんな方法を組み合わせて節電をすることによって、不快感を感じる事なく快適に過ごせるようになります。

こまめにフィルター掃除を行うようにする

毎日の掃除を行っている人でも、エアコンのフィルターに関してはワンシーズンに一度くらいのペースでしか掃除をしていない人もいるでしょう。
それでは消費電力を抑えることが出来ませんので、こまめにフィルター掃除を行うようにする事です。

フィルター掃除は機種によっても違いますが、女性でも簡単に行う事が出来ますので、忘れないようにこまめに掃除をするようにしておくのを忘れてはいけません。

エアコンに関して以外にも家の中で省エネ出来る部分はたくさんありますので、電気だけではなくガスなどにも注目をしてみる事です。
家族のみんなが気をつける事によって、大きな節電につながっていきますので、節電が生活の中に当たり前に取り込まれていくようにしましょう。

各家庭で気をつけるようにしていけば、町全体でかなりの節約になりますので、自分一人が行っても変わらないと思ってはいけません。
1人1人が意識を変えていくことが大事ですので、私だけと考えるのではなく、大きな一歩になると考えながら節電をすれば、みんなで協力をしていくことが出来るでしょう。

出典:エスコシステムズ評判より

Posted on

早めの回収が重要な売掛金

■商売を行っていく上で重要な資金繰り

商売を行っていく上で重要なことは資金繰りですが資金がショートしないように売った物に対する代金の回収は急ぐのが鉄則です。

かつては村社会などで口約束での商売などもよく行われていましたが、昨今では大企業ですら経営破綻するご時世ですからいつまでも口約束での商売は成り立ちません。

口約束でつけでの商売の最たるものが売掛金と買掛金です。

物を売ったときのつけが売掛金で買ったときのつけが買掛金ですがこうしたつけでの商売は徐々に姿を消してきています。

これには理由があって現金化しにくいものでの取引を敬遠する動きが加速しているためです。

なるべく早く現金で受け取るようにしないと、その売った代金で得られたお金による次の商売への支障になるばかりか支払にも窮する事態にならないとも限りません。

いかに現金化を早く行うか

したがって迅速に現金化するように取引を行っていくことが肝要となります。

今までの取引でつけでの商売を主にしてきた場合には貸し倒れになったケースも相応にあるものです。

したがって貸し倒れについてある程度はやむを得ないと思うケースもありますがそれでは納得できない人も当然います。

銀行などの融資を行っている側とその他の利害関係者はつけのような口約束ではなく現金で速やかに受け取るように指導あるいは助言等を行います。

それは彼等もその口約束で失敗して損失が出たときにとばっちりを受けたくはないためです。

■早めに現金化出来るような対処が必要

早期の回収の見込みがなければそもそもこの売掛金での商売を行うべきではなかたっと言えますが、長年の商慣行でこうした取引が常態化してきたことにも問題はあります。

このようなことを放置せずに早めに現金化出来るよう対処を行っていく姿勢が重要です。

何もせずに放置し続けることはそのこと自体が利害関係者への背反行為になり得ます。

したがってできる限り現金に変わるように努めるとともに新しい顧客への取引では現金による取引を行うように徹底するといった対応が必要です。

現金即決済のメリットについて

現金での取引にはメリットも生まれますのでそのメリットを活かしたやり方も取り得るものです。

たとえば現金で即決済を行うことを徹底する代わりに大量でかつ安価で商品を仕入れるスタイルを貫くなどのやり方があります。

大量にものを仕入れてくれるので値引きせざるをえずさらに即現金での取引で完了するためその後の後腐れがありませんから、商売がお互いにやりやすいわけです。

仕入れた側は安く仕入れることに成功していますので、利益やそのほかの経費を加えても他社より安価な売り方が可能となり売上増に繋がるわけです。

こうした取引では同じものを大量に仕入れる代わりに代金の大幅な値引きの要求を行います。

さらにつけなどでは商売をせずに現金のみで一括で即座に支払うようにしていますので、相手も売った代金の取りはぐれがありません。

貸し倒れなどの心配が無いわけでこれは強みになります。

しかも現金になっていますのですぐに次の行動へと移りやすいことになり、商売のスピードアップになっていくわけです。

これ以外にもメリットがあり代金の回収や支払について人手を割く必要が少なくなります。

現金ですぐに支払うわけですから貸し倒れの心配が無いことは無論のこと、後日において現金での回収を行うための人員手配などの必要が少なくなります。

単純に商売の話だけを行えばよくこうした販路を複数持つことで競争にも打ち勝ちやすくなってくるわけです。

■保管場所などの対応力が求められる

デメリットとしてはそもそも大量に仕入れてすぐに売れるだけの対応力が必要になります。

またその大量に仕入れたときの保管場所なども重要です。

保管場所から販売するまでの距離が長いと損耗などの原因になり得ます。

仕入れたら速やかに移動させ販売に繋げていくことで商品を手元になるべく置かないように工夫することも求められるやり方です。

すなわちこの取引ではある程度のノウハウが必要であり、売掛金での取引にメリットをあまり感じない者同士でやるのに適した商売になります。

なお大量に仕入れる場合には相手に足下を見られないようにする工夫が欠かせません。

そのため特定少数の業者だけではなく別の相手も適宜見つけていく努力が必要になります。

得意先の倒産というリスクを最小限に抑える

小売業の場合はこの傾向が強まり色々な取引先を見つけお得意様となっておくことで、いざというときに別の商売へと繋げられます。

すなわち逃げ場を確保することになりまた目玉商品の仕入れ先などを複数箇所確保すれば、その分だけ商売がよりやり易くなるわけです。

このように大量仕入れなどを行って安価で商売を行う側は知恵を絞っていて、売掛金等のつけでの商売ではなく現金で対応することによって商売を円滑にすることが可能になります。

すなわち得意先の倒産というリスクを最小限に抑えることにもなり、相手にも自社にもメリットがあるわけです。

売掛金や買掛金での取引では最終的な決断及び現金化するまで時間がかかりすぎることもありますし、時間が勝負の商売にあっては致命傷になりかねない問題を孕んでいます。

売掛金買取デメリットより引用

Posted on

電子ブレーカーは従来よりも契約アンペア数を下げる事が出来ます

生活に欠かせない電気の節約方法

生活に欠かせない電気、電力会社から供給される電力を使う事で生活にゆとりを作る事が出来ますし、生活に便利さを与えてくれます。

電気を利用しているオール電化住宅などの場合はエネルギーが電気になるわけですから、電力の安定供給が必要不可欠です。

しかし、オール電化住宅にすると電気代が高くなる、今までよりも光熱費が高くなってしまうケースもあります。

これはオール電化住宅の場合、1日の電気代が時間帯に応じて異なるからです。

例えば、朝7時から夕方頃までは最も電気代が高くなり、夕方頃から午後11時頃までは従来と同じ電気料金、そして午後11時頃から翌朝の7時頃までは深夜料金で、電気代が最も安い時間帯になるなどの特徴を持ちます。

これはオール電化住宅の場合、夜間の電気料金が安い時間帯の電力を利用してお湯を沸かしておくなどが出来るからで、日中の電気代が高くなってしまうため、経済的な負担が大きくなるケースもあります。

ちなみに、太陽光発電システムを併用すれば、一日の中で最も電気代が高い時間帯は太陽光発電で得た電力を利用出来るため、電気代の節約も可能になるわけです。

そのため、オール電化は太陽光発電システムと併せて利用すれば毎月の電気代を大幅に節約出来るメリットもあると言う事です。

電気代にはガスと同じように基本料金があります。

基本料金はガスや電気を使わない場合でも必ず支払う必要があるお金になります。

電気の場合は契約アンペア数に応じて電気の基本料金が決まるようになっています。

契約アンペア数は配電盤のブレーカーに付いている数値で、20アンペアや40アンペアなどのように住宅毎に契約アンペア数は異なります。

家族が多い場合には、一度に利用する電力が多くなる可能性があるなどからも、契約アンペア数は40アンペアや50アンペアなどのように余裕を持った数値にしているケースは多いと言えます。

最小契約アンペア数で電力を賄うには

これに対して、一人暮らしをしている人は電気を同時に利用するのは一人などからも、最小の契約アンペア数で十分電力を賄う事が出来るわけです。

例えば、エアコンと電子レンジ、ドライヤーを同時に使っても20アンペアの契約であればブレーカーが飛んでしまう事もありません。

しかし、家族が多い場合はエアコン3台と電子レンジ、そしてドライヤーを使えばすぐにブレーカーが飛んでしまうわけです。

必要以上に電流が流れた時にブレーカーが電力を遮断する仕組みになっているため、家族が多い場合には契約アンペア数も大きなものにしておかなければなりません。

契約アンペア数が多くなればなるほど電気の基本料金は割高になります。

しかし、最近では電子ブレーカーの登場により、契約アンペア数を引き下げた形で電力を活用出来る便利なシステムが登場しています。

出典元:ネオ・コーポレーション

電子ブレーカーは従来40アンペアの契約を行っていた家が、30アンペアの契約でも電力を賄えるようになると言う優れものです。

通常40アンペア近くの電流が必要になるものが電子ブレーカーに変える事で30アンペアの電流で住居内の電力を賄えるようになる、電気の基本料金の節約が出来る便利なシステムが誕生しているのです。

太陽光発電システムを導入することで得られる相乗効果

電気を使うのは住宅だけではありません。

工場などのように物づくりを行っている場所では機械を動かすために電力を必要としています。

工場で利用する電力は会社の経費の中で計上が行われるものであり、電気代を節約するために蛍光灯をLED照明に変える、電気を使っていない時にはLED照明を消しておく、もしくは使っていない場所のLEDを取り外すなどの工夫を行いながら電気代の節約を行っているケースは多いのではないでしょうか。

また、電源ケーブルは接続しているだけで待機電流が流れる、これにより無駄な電気を使い続けている事になります。

そのため、使わない電源ケーブルはコンセントから取り外すなどの節電を行っている人、企業は多いと言えましょう。

ネオコーポレーションなどの電子ブレーカーはこうした節電を行わなくても月々必ず支払いが発生すると言う基本料金を引き下げる効果を期待する事が出来るようになります。

ちなみに、従来50アンペアの契約だった住宅が電子ブレーカーを利用した事で40アンペアの契約で良くなった時には数千円などの基本料金の節約が実現出来ると言われています。

さらに、電気代を節約出来るようになると、人は節電意識がさらに高まる傾向を持ちます。

例えば、太陽光発電システムを導入した時、日中は太陽光発電で電気を作り出しているわけですから、無料の電気を使えるようになります。

普通に考えれば、無料の電気なのですから使い放題になるわけです。

しかし、太陽光発電システムを導入すると、夏時期などではエアコンの温度をそれ程下げずに生活を送る、冬時期などもエアコン温度を上げずに生活を送る、使っていない電源はコンセントから抜いておく、日中は電気を使わずにトイレに入るなど、節電意識が高くなるなどの特徴があります。

Posted on

林田学の薬機法ルールで広告表現を理解する

広告表現を理解するように努めると、インターネット販売サイトは消費者の目線で見やすくなる傾向があります。
広告の表現はイメージを優先させても良いのですが、健康食品の分野の場合はイメージだけではなく法律を遵守した事実確認も大切になります。

健康食品を商品としてだけ捉えるのではなく、摂取した人が感じる特徴によっては医薬品と誤解される要素があるからです。
林田学は薬機法ルールで、健康食品を正確に広告表現するポイントを提示しています。

広告表現のポイントは、健康食品の場合は、医薬品であるかのような効果を誇張して宣伝しないのがポイントです。

個人差があるからというだけではなく、医薬品ではないという前提が重要です。
もちろん医薬品を取り扱うときは、効果を広告表現しても良いのですが、イメージ過多にならずに正確な表現が求められます。

林田学は薬機法ルールで、イメージ過多に陥らずに正確に広告表現できるポイントを提示していますので、インターネット販売サイトを作成するときに応用しましょう。

健康食品は、すべての食品にも通じるのですが、やはり原材料の表示が重要です。
同時に、健康食品だからこその成分表示が求められます。
栄養素の表示も重要です。

消費者が求めているのは、イメージと言うよりも、正確な情報です。
原材料は何を使用しているのか、成分は何か、シンプルな疑問に対して解答しているような表示なら安心です。

消費者の安心は、イメージからと言うよりも、正確に情報を公開表示しているかどうかです。
製造者と販売者が異なる場合は、販売者だけでなく製造者も記載されているほうが、消費者にとっては安心材料になります。

法律の規定は、必ずしも情報すべての開示ではありませんので、インターネット販売サイトで補完するのも良いでしょう。
保管する情報も真実である必要があります。

健康食品を取り扱うときは、薬という文字の使用には要注意です。
薬という文字が存在するだけでも、購入者によっては医薬品と誤解する可能性もあるため、薬機法ルールを参照しながら適切な広告表現を心がけましょう。

Posted on

東進に通った結果

東進に通ってみて

中学生の時に東進を半年間利用しました。

当時はまだライブ授業が全盛期で、衛生での授業がそれほど認知されていない時代でした。

それまで塾に通うのがすごく嫌で、もともと勉強もそれほど好きでなかったので、それを強いる塾だったらすぐにやめようと考えていました。

入ってまず驚いたのが、一人一人の実力に沿ったクラス分けをするということです。

学校ではみんな一緒になって授業を受けるので、もっと詳しいことやむずかしいことを学びたい場合でも、問題を理解できない子を対象に教えるので、どうしても進行が遅くなってしまい、本来学ぶべきカリキュラムを満足に学習できないまま進学するケースが多々あります。

 

私も多分に漏れずその状態で、もどかしい時期を送っていましたが、東進に入って最初のテストでクラス分けされました。

その時は、名前が掲示板に貼りだされたため、誰がどのクラスに所属するのか一目で分かってしまうようになっていました。

このため、得意だった科目は当然上のクラスに所属していたのでエスが、苦手な科目は下のクラスの所属になってしまいました。

ここから反骨精神を学びました。

 

細かいクラス分け

何とかして上のクラスに上がりたいという明確な目標が出来たので、モチベーションが上がりました。

それまで苦手という意識しかなかった数学と理科に対して、目標を達成するために、塾の講義は勿論の事、家でもその教科の勉強に時間を割くことが出来るようになりました。

毎月ある月例テストと併用することで、わずか3カ月で20点ほど点数を上げることに成功しました。

勉強はやる気が必要ですが、私の場合は、ややスパルタ式で火をつけてもらうことが出来たので、東進のやり方は合っていたと思います。

とにかくテストが多くて最初は気持ちが乗らなかったですが、だんだん点数を採れるようになり、コツがつかめたころには大して苦にならないほどに成長しました。

良くも悪くも掲示板に点数と名前が貼りだされたため、みんなに見られているという意識がもっと頑張って点数を上げなければ恥ずかしいと思えるようになりました。

いい意味で、原動力になりました。

 

また、他の塾に類を見ないほど非常に細かなクラス分けにより、自分の実力に近い生徒と、勉強の情報交換が出来る点はとても良かったです。

あまりに自分のレベルとかけ離れて低いと、全くやる気が起こりません。
それは学校に通っているのと同じ状況だからです。

また、高すぎても問題です。

質問をしようとしても、高いレベルでの理解をしているのでそれ相応の教え方しかできず、結局無駄に時間を過ごすことになります。

同レベルかそれより少しだけ差があるクラスを編成することで、強いライバル意識を持つことが出来ます。

分からない問題が出てきても一緒になって考えることが出来るので一体感も生まれるのもいい点です。

 

講師の特徴

講師の教え方ですが、それまで、今みたいに教科によって先生が分かれていなかったので、2~3個の教科を同じ先生が教えるということはざらにありました。

東進はそのようなことがほとんどなく、専門に特化した先生が多かったので、質問するにしてもその分の生徒が集中せず分散されるので、効率よくさほど時間をかけずに質問に入ることが出来たのは良かったです。

待ち時間中も、他の講師が今日の授業で分からなかった点など向こうから気にかけてくれる人が多く、コミュニケーションが取り易かったです。

塾にいる間は余計なおしゃべりは遮断することを教育方針に置いていたので、それが自分にとっては有難く、勉強に集中して取り組むことが出来ました。

 

苦手科目に対する勉強方法を学んだのも東進でした。

確かに費やす時間を増やせばある程度の点数までは挙げられるのですが、そこからの積み上げが大変でした。

講師に相談したところ、得意な教科の勉強方法をそっくりそのまままねて苦手教科に活かせばいいということを聞いて、それ通りにやったところ、難しい問題に対しても粘ることが出来ました。

この粘ることで、突然答えがひらめいたり、答えが分からなくても似たような問題を解いた記憶から政界に限りなく近づかせることが出来るようになりました。

東進にいたのはわずか半年ですが、その間に大学受験までに必ず出て来る苦手教科に対する勉強方法の心構えを学びました。

質問しないことの重要さを学んだのも大きかったです。

 

基本的なことを質問するとその時は分かった気持ちになるのですが、独力で見つけ出したことではないので、忘れやすくなってしまいます。

どうしてもわからない問題以外はまず自分で調べて考えて、解決に至らなくてもできるだけ時間を費やしていろんな方法を試します。

それでもわからなければ人に聞くということを学びました。

これは社会人となった今でも会社に活かされており、何でもかんでも人に聞かず、調べて分かりそうなことは自分で努力して答えを見つけ出すといった精神を身に着けることが出来ました。

東進MSG 評判」より