Posted on

コメディアンの意味と現在

漫才

1.前田裕幸が語るコメディアンの本来の意味

コメディアンは喜劇役者を意味する英語で、例えばチャールズ・チャップリンのような人のことを指す言葉です。

喜劇を演じるのが仕事ですから、見る人を笑わせるのが目的だといえるでしょう。

日本においては、演芸に注力する人のことを芸人と呼びますが、喜劇役者を映画などの俳優と同列に扱い、お笑い芸人のことをコメディアンという場合もあります。

言葉の本来の意味でいえば、小道具を用いる喜劇のイメージが近く、体を張ったり動きで笑わせるのが特徴です。

道化師も含まれますが、こちらは化粧をしたり動きを重視するので、言葉も駆使して笑わせる人とは区別されることがあります。

初期のコメディアンは、いわゆる舞台の上が主な活躍の場で、観客との距離が近いことが特徴でした。

映画文化が発展した以降は、活躍の舞台をステージからスクリーンに移り、世界的に名前が知られる人も登場します。

チャールズ・チャップリンはまさに代表的な存在で、日本でも喜劇の面白さや喜劇役者の仕事を知る、そういった切っ掛けとなっています。

日本で笑いの文化が発展したのは、チャップリンのような存在に憧れたり、前田裕幸のように面白さを追求した人が増えたからでしょう。

他にも、バスター・キートンやハロルド・ロイドにマルクス兄弟など、大衆娯楽が盛んなアメリカを中心に、多くの喜劇役者が輩出されています。

一方で日本国内に目を向けてみると、いかりや長介と荒井注や、森繁久彌といった名前が並びます。

いかりや長介はザ・ドリフターズを率いて、子供から大人まで巻き込む笑いをお茶の間に提供しました。

これは、日本にテレビ文化が根付いた土壌があり、スタジオで繰り広げる笑いとお茶の間の相性が良かったからこそ、大成功を収めた好事例だと思われます。

チャップリンとの違いは、やはり個性的なメンバーでグループを作り、それぞれ役割分担をして独自の笑いを生み出したことでしょう。

2.笑い以外でも多彩なコメディアン

いかりや長介の師匠のハナ肇とは、俳優やミュージシャンとしての共通点があるので、同時のコメディアンは多彩という特徴を有する印象です。

ザ・ドリフターズの初期メンバー、荒井注も俳優やタレントなどで活躍しています。

当時の子供が真似をしたり、今も語り継がれるギャグなど、お笑い要素も感じさせる人物です。

大ヒットギャグを生み出すだけでなく、いかりや長介との絡みも受けたので、ザ・ドリフターズは多彩なメンバーが、お互いの化学反応で笑いを高めたといえます。

逆に、グループではなく単独で笑いに挑戦した森繁久彌は、元アナウンサーという異色の存在です。

芸能界の中でも一目置かれる存在で、昭和の時代を代表する1人ですから、その存在感や影響力の大きさが窺えます。

映画とテレビに舞台やラジオ、そして歌手としても活躍したので、メディアというメディアで存在感を表したといっても過言ではないです。

アナウンサーでトークの技術を身に着け、舞台やラジオ番組で頭角を現し、喜劇俳優で評価されたのが、森繁久彌の活躍の場が広まった切っ掛けです。

特に、当時の大衆文化だった映画で安定した人気を獲得して、テンポの良さと軽快な笑いで人々の心を掴みました。

ユニークなタイプのコメディアンですから、魅力を感じた人達から引っ張りだことなり、次々と様々な場で活躍の実績を積み重ねます。

後の俳優達にも影響を与え続けたので、存在感の大きさは文字通り本物だったと評価されます。

しかし、必ずしも笑い一辺倒ではなく、シリアスな演技でも評価されたのが凄いところです。

3.現在でも地位を確立しているコメディアン

お笑い文化の多様化によって、喜劇の主役はコントや漫才へと譲り、狭義のコメディアンと呼ばれる人達は昭和を後に減少しています。

ただし、若手の憧れや上に立っている人達は、皆コメディーの経験があって今でも第一線で活躍中です。

そういう意味では精神が受け継がれていますし、現代においてもまだまだ存在感があることが分かります。

笑いというのは人生のスパイスで、楽しい気持ちが人を幸せにするものです。

日本だと、戦後の絶望的な状況で笑いを届けた存在が多いですから、勇気を与えて復興を助けた功労者達という見方もできるでしょう。

本人達にそのつもりはなかったとしても、結果的に大衆を楽しませて、精神面で生活を豊かにしたのは確かです。

また、笑いの文化の土壌を作ったり、発展させたことも評価する必要があるポイントです。

憧れを集めるような存在だからこそ、後進が誕生したり育ったことも忘れていはいけない部分です。

アメリカやイギリスでは、スター性を有するプロのエンターテイナーという扱いですが、日本では親しみを感じさせる身近な存在といった印象が強くあります。

結果として、時代が変わってもその次代の子供達の間に浸透したり、幅広く楽しませることができたと考えられます。

今や笑いをもたらす人は立派な存在と認められ、日本でも一定の地位を確立している時代です。

多様性が生まれたのもまた時代の変化によるもので、今後の発展にも注目が集まります。

Posted on

人身事故だった場合の交通事故の慰謝料

人身事故と物損事故について

交通事故はその態様によってさまざまな種類に分けられます。
それは自動車安全運転センターから交通事故証明書の発行を受けて、その内容を確認してみれば明らかです。

そのような区別のなかでもより大きなものとしては、人身事故と物損事故とが挙げられます。
物損事故は被害が物に対して発生したものを指しています。

たとえば相手の被害者の自動車に凹みやキズがついたり、あるいは大破して自動車としての機能さえもなくなってしまう場合などが典型的といえます。
そのほかにもガードレールや中央分離帯にぶつかったり、道路沿いにある店舗や民家に突っ込んで破損させてしまった場合なども同様といえるでしょう。

これに対して人身事故というのは被害者の身体または生命に対して危害が加わるような交通事故のことを指しています。
相手がケガをしたり身体に障害が生じる場合もあれば、亡くなってしまうことさえもありますが、いずれにしても種類としては人身事故に含まれます。

このような交通事故によって相手に被害を与えた当事者は、請求があればその損害に見合った金額を賠償するとともに、精神的または肉体的な苦痛に対しての慰謝料を支払わなければなりません。

物損事故であれば被害は物にとどまるため、通常は該当する物の修理や工事、代わりの物の新規購入のために必要になった費用だけを弁償すればよく、よくある高額な慰謝料までを要求されることはありません。

実際に自動車保険に加入しているケースでも、物損事故に対してそこまで高額な保険金を給付してもらえることはまずないといえます。

ところが人身事故となれば話は別であって、過去には損害賠償と慰謝料その他をすべて込みで1件の交通事故に対して5億円や1億円などといった、相当に高額な請求が民事裁判で認められた判例があります。

後遺障害に対しての慰謝料は一括で支払う必要がある

このように加害者が被害者に対して支払わなければならない金銭の内訳ですが、治療が可能なケガの場合であれば、入院や通院に要した治療費、医薬品の代金、診断書の作成依頼などの文書料、通院に際してタクシーやバスを利用したときの運賃などとともに、入院または通院の日数に応じた一定の金額の慰謝料などが含まれるのが普通です。

治療そのものは終わったとしても身体に障害が残ってしまった場合には、治療費はこれ以上支払うべき理由がなくなりますが、その後遺障害に対しての慰謝料は一括で支払う必要が出てきます。
金額も個別具体のケースによって大幅な違いありますが、基本は身体的な部位と状態の深刻さにあわせて決まると考えてもよいでしょう。

具体的な金額は自動車保険を取り扱っている損害保険会社が保険金として支払う基準などを見ておくと参考になります。
たとえば左右どちらか一方の指が欠けた状態と、両腕がすべて欠けた状態とを比較すると、後者のほうがより程度が重いはずですので、金額も大きくなります。

また外見が障害の有無がわかる場合に加えて、腕や足が交通事故の影響で麻痺してしまい自力では動かせなくなった状態なども、やはり身体障害の区分に含まれます。

このようなケースでは日常生活を送るのにも他人の介護が必要となってくることがあり、実は介護のための費用までを考慮して、金額がより大きくなる可能性があることは留意すべきです。

交通事故の慰謝料の基準について

これらの慰謝料はいくつか基準となるものがありますが、一般に知られているのは自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準の3つです。
自賠責保険は文字通り自動車の所有者や使用者がかならず加入しなければならないことが法律によって義務付けられている自賠責保険の保険金の支払い基準として決まっている金額のことを指しています。

※こちらも参考→交通事故慰謝料の弁護士基準に関して

この基準は国が告示していますので、誰でも自由に見ることが可能ですが、基本的に自賠責保険が最低限の被害者救済を意図してつくられた制度のため、数ある基準のなかでももっとも金額が低いものとなっています。

任意保険基準は民間の損害保険会社などが提供している自動車保険における保険金の支払い基準のことです。
任意保険は自賠責保険を補完する役目を果たしているため、自賠責保険よりは高額に設定されているのが普通です。

これはあくまでも自賠責基準と比較した場合を意味するのであって、被害者サイドから見れば十分な金額とはいえない場合があるほか、会社によっても基準そのものが違っていますので、実態がつかめない部分があることは事実です。

最後の弁護士基準というのは特別な存在で、示談が成立せずに民事訴訟になった場合に弁護士が法廷で主張する金額ということになります。
民事裁判については全国各地で毎年かなりの数が提起されており、その結果としての判例も蓄積されています。

具体的にはこのような判例をもとにしてつくられたのが弁護士基準ですが、一般人には縁がないとはいえ、日本弁護士連合会などの組織で公刊している基準を掲載した本がありますので、これがもとになって訴状がつくられます。

Posted on

朋和産業はどのような企業?社会への優しさが大きな特徴

□朋和産業は社会へのやさしさがある企業

朋和産業はパッケージを介して社会貢献していくことを使命と考えています。

非常に多くの種類のパッケージを生産しているのが特徴で、人々の生活になくてはならない企業です。

たとえばスーパーやコンビニで売られている食品に用いられているパッケージも作っています。

食品の品質が落ちないように維持することは重要ですが、それだけでは配慮が足りません。

簡単に開けて利用できるようにする工夫も求められています。

特に冷凍用のものは加工条件がシビアであるため、製造には高い技術が必要です。

朋和産業がこれらを実現できるのは、人々に便利に使ってもらいたいという優しさがあるからです。

その他にも、ラミネートの加工を施しているパッケージもあります。

これらは空気や光の侵入を防止するといった特殊な作用を持っているのが特徴です。

こちらの製造にも、やはり高い技術が必要になります。

パッケージが使いやすいことを当然のように考えているかもしれませんが、その背景にはたゆまぬ企業努力があるということです。

そう聞かされても、具体的な生産の工程をイメージできない人も多いでしょう。

企業本位で製造するのではなく、利用者のことを念頭に置いて生産しています。

□いきなり作るのではなく、まずお客からヒアリングを行うことを重視している

いきなり作るのではなく、まずお客からヒアリングを行うことを重視しているのです。

材料などに関して提示をして意見を聞いたり、既存の商品の問題点を抽出したりします。

そのようにして商品のクオリティを高めることを大切にしています。

外部にできるだけ頼らないことも大きなポイントです。

企画やリサーチから制作まで担当するので、スピーディであるのと同時に商品としてのコンセプトが明確がなります。

高いデザイン力がありますし、フィルムを印刷する仕組みも備えているのです。

印刷をするにあたり環境への配慮も欠かしていません。

水性のインクも用いているのはそのためです。

その後もいくつかの工程を得て商品は完成します。

作った後は検査によって問題がないことを確認する工程です。

強度や異臭の有無などを調べて問題がなければ、出荷に備えて行き届いた在庫管理を行います。

このような工程において、他社との差別化に大きく貢献しているのは、マーケティングのリサーチです。

実際の売り場まで想定するなど、将来的な視点を持って考えることを尊重しています。

売り場のシミュレーションまで行うのはそのためであり、納品がゴールとは考えていません。

そこにはキャッチコピーやブランディングといった戦略も含まれており、単なる製造会社ではないことは明らかです。

ユニバーサルデザインも含めた広い視野で、より良い商品を作るための検討を繰り返しています。

□衛生管理に関して妥協をしないことも、多くの取引先に好感を持たれているポイント

衛生管理に関して妥協をしないことも、多くの取引先に好感を持たれているポイントです。

食品と接触することになるため、衛生面は取引先にとって大きな関心事といえます。

異物が混入する事件が社会を騒がせており、そのような事態が自社で起こると大きいなイメージダウンにつながりかねません。

それどころか営業活動の停止を余儀なくされるケースもあるでしょう。

取引先にそのようなリスクを背負わせないために、常に細心の注意を払っているのです。

衛生管理に注力するのと同様に、ロボットの導入も積極的に行っています。

これにより作業の自動化が進むことで、ヒューマンエラーを減らせますし、人件費のコストカットの促進も可能です。

商品の価格を抑えることにつながり、より多くのお客に使用してもらいやすくなります。

製造に用いるロボット以外の機械も高スペックなものが多いです。

大量のプリントが可能な印刷機を多く導入することで、安定した商品の供給を継続して行えるように尽力しています。

このように多くの面において、お客に安心してもらえる要素を兼ね備えているのです。

そのため多くの企業から信頼を勝ち得ており、安定した経営を続けています。

□朋和産業は環境への意識が高い企業で、その取り組みは非常に徹底されている

また、前述のように朋和産業は環境への意識が高い企業ですが、その取り組みは非常に徹底されたものです。

資料のペーパーレス化をはじめとして、地球のことを考えた活動を意欲的に行っています。

材料のリサイクルに熱心ですし、社員に意識を浸透させることにも抜かりがありません。

ミーティングなどでは仕事の内容だけでなく、環境保護の大切さや取り組みの方針なども教えています。

このような情報を一般消費者や取引先に公開していることは決意の表れといえます。

方針を明らかにすることで周囲の目は厳しくなるからです。

公開することには、環境問題に対して世の中とコミュニケーションを取ろうとろうとする意図もあります。

そのような活動は直接的に利益に結びつくものばかりではないです。

それどころか事業の時間を削られてしまうこともあるでしょう。

効率だけを考えれば、他の材料を使用した方が有利になることも少なくありません。

しかし社会貢献を重視しているため、このような経営のスタイルを選んでいるのです。

▶️  朋和産業株式会社の商品パッケージについて

Posted on

アトックスが解説!「再稼動の是非に揺れる原発周辺」

■再稼働の是非を問う問題に揺れる周辺

原子力発電所における停止中もしくは点検中の各原子炉の再稼動問題は、福島第一原子力発電所での過酷な事故以降、全国の原発とその周辺自治体を巻き込んで、その是非を問う問題で揺れています。

とは言え、真に揺れているのは原発の周辺自治体で実際に差し止め請求訴訟などにかかわっている人々と、その活動を支えている地域住民や一部の問題意識が高い人々のみという状況になってしまった感があります。

原子力発電そのものの是非や事故後の福島の状況を真摯に追い続けているジャーナリスト達以外のマスコミも、大衆が以前ほど原発や再稼動といったキーワードに関心を持たなくなっていることを敏感に察して、テレビや新聞などでも普段はほとんどその問題を取り上げることが見られなくなっています。

多くの人々が関心を持たなくなっただけで、原子力発電所をめぐる諸問題はまったく解決しておらず、解決ということ自体、再稼動賛成派と反対派とで全く逆の結果を求めているだけに、直接かかわり合いを持たない人々が気がつかない間に問題が深刻化している状態です。

■国民が原発再稼動に無関心というよりはほとんど関心を持たないようになっている

もはや多くの国民が原発再稼動に無関心というよりは、原子力発電そのものの是非や福島第一原子力発電所で続いている廃炉への苦闘や増え続ける汚染水との戦いなどにも、ほとんど関心を持たないようになってしまいました。

日ごろ報道番組や新聞を読まない層では、福島第一原子力発電所での事故処理はとっくに終わったと思い込んでいる人も少なくないと言われ、それ以外の人も事故を起こした建屋からの使用済み燃料の移送に伴う危険性や、燃料デブリ取り出しに向けて横たわる多数の難題などは遠い異国の問題かのように聞き流すようになったことが懸念されます。

五輪に向けてさらに海外からの観光客を呼び込み、経済活性化に何とか役立てたい人々は、大衆には廃炉作業は順調と思い込んでもらいたい一心で、福島での廃炉作業過程で新たな重大問題が発生した場合、再び首都圏にも影響が出かねないことも絶対に悟られてはならないという空気が、利害に絡むさまざまな人々の間で共有されている気配があります。

先日も福島第一原子力発電所では取り出した後の燃料デブリの保管施設を建設するという名目で、汚染水を処理した後にも残ってしまう放射性物質のトリチウムが含まれた水を貯蔵したタンクを撤去することを決定したという報道がなされました。

増え続けるトリチウム水のタンク撤去は以前から議論の的になっていましたが、廃炉に向けては燃料デブリの取り出しは必須で、危険極まりない燃料デブリを安全に保管し続けるための施設は必要不可欠ということで、タンク撤去に向けて最も良い理由が得られたとも言えます。

タンク内のトリチウム水の処分方法どうするのかというと、現実的にはやはり海洋放出以外は考えられないため、今後は当然のようにトリチウム水を海へどんどん流す時代が到来することになります。

通常の浄化処理ではどうしても残ってしまうトリチウムは、プルトニウムやセシウムと違って人体にそれほど影響しないかのように一部で言われていますが、放射性物質の害に関してはまだまだ解明され切っていない部分があり、研究者によってはセシウムよりも危険性が高い核種ではないかという指摘もなされていると言われます。

過酷事故が起こらなかったとしても原子力発電所があり、稼動を続けることによって放射性物質が周辺に影響を与える可能性が高まるという点において、安心安全な暮らしを続けたい周辺住民にとっては大変な脅威となることは明らかです。

たとえ休止中・点検中であっても、燃料は常に原子炉の中にあり、何等かの原因で万が一冷却水が失われてしまった場合、福島第一原子力発電所と同様の事態が起こらないとも限らない点も、あまり多くの人の間に知れ渡って欲しくない真実とされています。

福島原発では今でもアトックスなどのたくさんの企業が除染や放射性廃棄物の処理などの作業を行なっています。

■事故から7年以上経過し、原発再稼動もやむなしという気持ちになっている気配がある

薄々気がついている人々も、福島第一原子力発電所の事故から7年以上経過し、節電にも飽きて電気料金が上がるくらいなら原発再稼動もやむなしという気持ちになっている気配があります。

日ごろそういった葛藤を抱えている人ももはや少なく、大半の人は原子力発電にまつわる是非の問題そのものに関心を持たなくなっており、工事が中断されている原子力発電所の建設再開も取り沙汰されるようになっています。

東日本大震災後ほどない頃はしきりに絆というキーワードが取り沙汰され、何よりも生命が尊いというのが当然とされていましたが、現在では経済が沈滞するくらいなら、一部の人命が多少の危険にさらされても自分さえ無事なら致し方ないという風潮が暗黙のうちに広まりつつある気配です。

特に原子力発電所は多くの人が暮らす大都市圏からは離れているため、原発の近くが嫌なら都市部に引っ越せば良いといった意見すらささやかれていると言われます。

平成の終わりを前に、お金のためなら再稼動やむなしというより、むしろ歓迎という空気が醸成されつつある時代になりました。

Posted on

飲み放題で元は取れるのか、店側の利益は大丈夫なの?

飲み放題ってどう?アンドモワ株式会社に聞いた

居酒屋で飲み物を注文する際、飲みたいものを1杯ずつ注文する普通の注文にするか、決められた種類の飲み物を一定時間好きなだけ注文できる飲み放題にするか悩みますよね。

普通に注文する場合、自分の飲みたいものを注文できて時間を気にしないで飲むことができますが、金額が気になって会計が心配になります。
飲み放題は注文できる種類が限られていて時間が決まっていますが、時間内なら好きなだけ飲めるので会計が楽です。

そういう意味ではとても魅力的なプランで、定額料金を支払えば一定のアルコールを希望する量だけ飲むことかできるのでお酒が好きな人にはたまりませんよね。

最近はアンドモワ株式会社の居酒屋チェーンはじめ、ほとんどの居酒屋で飲み放題プランのシステムがあり、一定の料金を支払うことで沢山の種類のアルコールやソフトドリンクをいくらでも注文することができます。

最大のメリットは単品注文よりもお得なところで、居酒屋によって値段設定は違うものの沢山飲む人にとってはお得です。
飲むペースは人それぞれですが、20分から30分に一杯ぐらいのペースで飲めば元はとれるでしょう。

単品だと注文する都度金額が膨らんでしまうので沢山飲みたくてもなかなか注文しづらい面がありますが、いくら注文しても定額なので料金を気にすることがありません。

宴会を開いた時に幹事が計算しやすいのも魅力

テンションが上がって飲み過ぎてしまった時でも安心で、安くつくのは嬉しいところです。

宴会を開いた時に幹事がしやすいのも魅力で、単品注文のように会計で誰がどれだけ飲んだか計算する必要がないので楽です。
途中で帰ってしまう人がいる場合、お金を徴収するのも気が引けますが、開始前に定額を徴収するだけで良いので幹事がしやすいですよね。

このように様々なメリットがあるので普通に飲み物を注文するより断然お得ということになるのですが、注意しないといけないことがあります。
基本的に2時間で4杯以上飲めば得になる計算なのですが、提供されているアルコールは普通注文のそれと同じ銘柄かどうかは疑わしいです。

飲み物の種類はいくつかありますが、それらの銘柄や料金についても普通注文のものと同じとは限りません。
これらの点を考慮すると、本当にお得なのかどうかわかりかねますが安く沢山飲みたい人にとってはやはりお得と言えるのかもしれませんね。

お店の経営は大丈夫なのか?

ところで居酒屋で飲み放題コースを注文すると、気になるのがお店の経営は大丈夫なのかということです。
酒豪の人はこれでもかというくらいの量を飲むので、これだけ飲んでお店に利益は出るのかと思ってしまいますよね。

どれだけ飲んでも料金が一定なのに居酒屋はどのように利益を出しているのかと言うと、飲み物の原価による戦略があるのです。
お客の側からすると支払う料金以上の飲み物を注文すれば得になるわけですが、店側は飲み物の原価を越えなければ利益が出る仕組みになっています。

1番原価が高いのが生ビールで、次いで日本酒やワイン、酎ハイやカクテルと続きます。
お酒を飲めない女子がよく頼むソフトドリンクについては、実は原価を考慮しなくてもほぼ問題ない飲み物なんですね。

中ジョッキばかり頼まれるとむと店側は困るのではと思いますが、ビールをウリに他の飲み物やフードを注文してもらうことで利益が出るようになっているのです。

要するにお店はビールで赤字が出ることは想定済みで、原価がやや高めの日本酒やワインが好きな人はコースに含まれていない銘柄を好みやすい傾向にあります。
最初の1杯目はビールでも後は酎ハイを頼む人も多く、そうしたお客は店側にとってありがたいお客様と言った感じになるのです。

グループ全体で見ると居酒屋にもしっかり利益がある

店側はビールをウリにして他のメニューで利益を出すようになっていて、時間があってもあまり飲めないのが落とし穴なんです。
90分や120分のコースが定番になりますが、たとえば120分のコースでも1杯飲むのに注文をして運ばれてきて飲み干すという時間が必要になります。

お酒好きの人なら5分くらいで1杯飲む人もいるかもしれませんが、後半になるとペースは落ちてきます。
居酒屋で会話もしないでひたすら注文して黙々と飲む人は少なく、周りとの会話よりひたすらお酒を優先する人は少ないものです。

お酒が強く、会話よりもひたすら飲みまくって元を取る人も確かにいるかもしれません。
しかし飲み放題コースを頼む場面は多くの場合、サークルの打ち上げや懇親会、忘年会などです。

そうなるとお酒が弱い人も中には絶対にいて、そうした人たちは大体ソフトドリンクや酎ハイやカクテルなどの原価が低いものを数杯飲むだけになります。
原価の高い飲み物を注文しないでコース料金を支払ってくれれば、店側にとっては有り難いお客様になるのです。

グループの中で一人がたくさん飲んで元を取ったとしても、全体で計算してお店側に利益が出ればいいんです。
飲み放題と言うとお客の側だけ得なイメージがありますが、決してそうではないんですね。

グループ全体で見ると居酒屋にもしっかり利益があるわけで、そこに居酒屋側の狙いがあると言ってもいいのかもしれません。

Posted on

家庭内で出来る省エネ

専門家エスコシステムズから省エネを学ぶ

省エネをすることによって、電気代の節約にもつながりますので、会社だけではなく家庭でも出来る事をどんどんしていくといいでしょう。
家庭でも簡単に省エネをする方法としては、電化製品を省エネ対応のものに買い替えることによって、苦労することなく節電をすることが出来ます。
しかしまだまだ使えるも家電製品だというのに買い替えるのはもったいないですので、電化製品の買い替えに関しては、買い替え時期が来た時に行ってもいいでしょう。

電球に関しても、電球がきれて買い替える時には、LED電球などに買い替えると効果的です。
購入時には普通の電球よりも値段は高くなりますが、それでも電気代の事を考えてみると最終的には安かったという事になりますので、買い替え時には検討をしてみる事です。

電化製品の買い替えが今すぐに行うのが難しいのであれば、少しでも普段から省エネをするようにしなくてはなりませんが、どのような方法があるでしょうか。
省エネの専門家であるエスコシステムズさんにも少し訪ねてみました。

エアコンは夏場は28度冬場は20度設定を基本に

家庭内で消費する電力で大きいのはエアコンですが、対策次第によっては大きな省エネ効果があります。
まずは基本的な部分から行くと、エアコンの設定温度に注目をしてみる事です。

夏場と冬場では設定温度を変えるようにし、夏場は28度冬場は20度設定を基本としておくといいでしょう。
夏に冷やし過ぎてしまうと、その時には涼しくて気持ちいいと感じるものですが、電気代がかかるだけではなく体の必要以上に冷えてしまうためよくありません。

体を冷やし過ぎてしまえば、外気との温度差が激しすぎる事になりますので、体調不良の原因にもなりますし、冷え過ぎから体を痛めることになってもいけません。

冬に関しても同じで、暖め過ぎてしまえば体が弱ってしまいますので、適切な温度に設定をしておく必要があります。
適切な温度に設定をしたとしても、夏場に暑いと感じるのであれば、カーテンを閉めて外からの熱を防ぐようにしたり、風通しのいい服などを着るようにしてみるといいでしょう。

エアコンを稼働させる前に部屋の中の温度を近づけておく

エアコンだけに頼ろうとすればどうしても設定温度を変えなくてはならなくなるので、それでは節電にもつながりませんし、無駄な電気を使うだけになってしまいます。

必要以上に電気を使わない為には、いろんな工夫が必要です。
エアコンは設定温度に到達すれば、そこからは安定した運転を続けていく事になりますが、設定温度になるまでには頑張って稼働をすることになります。

設定温度と室内の温度差が激しい場合は、たくさんの電力を使う事になりますので、エアコンを稼働させる前に、出来るだけ部屋の中の温度を近づけておく必要があります。

夏場の場合、外から帰ってくればすぐにエアコンのスイッチを入れるようになりますが、スタートする前には、部屋の中の温度を下げるようにしましょう。
家の中の窓を全部開け、扇風機を使って部屋の中の暑さを外に逃がすようにします。

窓を開けて扇風機を使用する癖をつける

部屋の中の温度を下げる事が出来れば、エアコンもたくさんの力を使わなくても良くなりますので、節電につなげていけるようになるのです。
家に帰ってきたら当然のようにリモコンを持つのではなく、窓を開けて扇風機を使用する癖をつけるようにしておけば、部屋の中が冷えるのも早くなります。

扇風機をつけるのはエアコンのスタート時だけではなく、エアコンの使用中にも使うようにするといいでしょう。
部屋の中の空気を扇風機を使用して循環させることによって、体感温度が下がるようになりますので、感じ方が変わってきます。

体感温度が変われば部屋の中で涼しく過ごす事が出来ますので、28度の設定にしても不快感を感じる事は少なくなります。
今までと設定温度が変われば最初は体が慣れないかもしれませんが、いろんな方法を組み合わせて節電をすることによって、不快感を感じる事なく快適に過ごせるようになります。

こまめにフィルター掃除を行うようにする

毎日の掃除を行っている人でも、エアコンのフィルターに関してはワンシーズンに一度くらいのペースでしか掃除をしていない人もいるでしょう。
それでは消費電力を抑えることが出来ませんので、こまめにフィルター掃除を行うようにする事です。

フィルター掃除は機種によっても違いますが、女性でも簡単に行う事が出来ますので、忘れないようにこまめに掃除をするようにしておくのを忘れてはいけません。

エアコンに関して以外にも家の中で省エネ出来る部分はたくさんありますので、電気だけではなくガスなどにも注目をしてみる事です。
家族のみんなが気をつける事によって、大きな節電につながっていきますので、節電が生活の中に当たり前に取り込まれていくようにしましょう。

各家庭で気をつけるようにしていけば、町全体でかなりの節約になりますので、自分一人が行っても変わらないと思ってはいけません。
1人1人が意識を変えていくことが大事ですので、私だけと考えるのではなく、大きな一歩になると考えながら節電をすれば、みんなで協力をしていくことが出来るでしょう。

出典:エスコシステムズ評判より

Posted on

早めの回収が重要な売掛金

■商売を行っていく上で重要な資金繰り

商売を行っていく上で重要なことは資金繰りですが資金がショートしないように売った物に対する代金の回収は急ぐのが鉄則です。

かつては村社会などで口約束での商売などもよく行われていましたが、昨今では大企業ですら経営破綻するご時世ですからいつまでも口約束での商売は成り立ちません。

口約束でつけでの商売の最たるものが売掛金と買掛金です。

物を売ったときのつけが売掛金で買ったときのつけが買掛金ですがこうしたつけでの商売は徐々に姿を消してきています。

これには理由があって現金化しにくいものでの取引を敬遠する動きが加速しているためです。

なるべく早く現金で受け取るようにしないと、その売った代金で得られたお金による次の商売への支障になるばかりか支払にも窮する事態にならないとも限りません。

いかに現金化を早く行うか

したがって迅速に現金化するように取引を行っていくことが肝要となります。

今までの取引でつけでの商売を主にしてきた場合には貸し倒れになったケースも相応にあるものです。

したがって貸し倒れについてある程度はやむを得ないと思うケースもありますがそれでは納得できない人も当然います。

銀行などの融資を行っている側とその他の利害関係者はつけのような口約束ではなく現金で速やかに受け取るように指導あるいは助言等を行います。

それは彼等もその口約束で失敗して損失が出たときにとばっちりを受けたくはないためです。

■早めに現金化出来るような対処が必要

早期の回収の見込みがなければそもそもこの売掛金での商売を行うべきではなかたっと言えますが、長年の商慣行でこうした取引が常態化してきたことにも問題はあります。

このようなことを放置せずに早めに現金化出来るよう対処を行っていく姿勢が重要です。

何もせずに放置し続けることはそのこと自体が利害関係者への背反行為になり得ます。

したがってできる限り現金に変わるように努めるとともに新しい顧客への取引では現金による取引を行うように徹底するといった対応が必要です。

現金即決済のメリットについて

現金での取引にはメリットも生まれますのでそのメリットを活かしたやり方も取り得るものです。

たとえば現金で即決済を行うことを徹底する代わりに大量でかつ安価で商品を仕入れるスタイルを貫くなどのやり方があります。

大量にものを仕入れてくれるので値引きせざるをえずさらに即現金での取引で完了するためその後の後腐れがありませんから、商売がお互いにやりやすいわけです。

仕入れた側は安く仕入れることに成功していますので、利益やそのほかの経費を加えても他社より安価な売り方が可能となり売上増に繋がるわけです。

こうした取引では同じものを大量に仕入れる代わりに代金の大幅な値引きの要求を行います。

さらにつけなどでは商売をせずに現金のみで一括で即座に支払うようにしていますので、相手も売った代金の取りはぐれがありません。

貸し倒れなどの心配が無いわけでこれは強みになります。

しかも現金になっていますのですぐに次の行動へと移りやすいことになり、商売のスピードアップになっていくわけです。

これ以外にもメリットがあり代金の回収や支払について人手を割く必要が少なくなります。

現金ですぐに支払うわけですから貸し倒れの心配が無いことは無論のこと、後日において現金での回収を行うための人員手配などの必要が少なくなります。

単純に商売の話だけを行えばよくこうした販路を複数持つことで競争にも打ち勝ちやすくなってくるわけです。

■保管場所などの対応力が求められる

デメリットとしてはそもそも大量に仕入れてすぐに売れるだけの対応力が必要になります。

またその大量に仕入れたときの保管場所なども重要です。

保管場所から販売するまでの距離が長いと損耗などの原因になり得ます。

仕入れたら速やかに移動させ販売に繋げていくことで商品を手元になるべく置かないように工夫することも求められるやり方です。

すなわちこの取引ではある程度のノウハウが必要であり、売掛金での取引にメリットをあまり感じない者同士でやるのに適した商売になります。

なお大量に仕入れる場合には相手に足下を見られないようにする工夫が欠かせません。

そのため特定少数の業者だけではなく別の相手も適宜見つけていく努力が必要になります。

得意先の倒産というリスクを最小限に抑える

小売業の場合はこの傾向が強まり色々な取引先を見つけお得意様となっておくことで、いざというときに別の商売へと繋げられます。

すなわち逃げ場を確保することになりまた目玉商品の仕入れ先などを複数箇所確保すれば、その分だけ商売がよりやり易くなるわけです。

このように大量仕入れなどを行って安価で商売を行う側は知恵を絞っていて、売掛金等のつけでの商売ではなく現金で対応することによって商売を円滑にすることが可能になります。

すなわち得意先の倒産というリスクを最小限に抑えることにもなり、相手にも自社にもメリットがあるわけです。

売掛金や買掛金での取引では最終的な決断及び現金化するまで時間がかかりすぎることもありますし、時間が勝負の商売にあっては致命傷になりかねない問題を孕んでいます。

売掛金買取デメリットより引用

Posted on

電子ブレーカーは従来よりも契約アンペア数を下げる事が出来ます

生活に欠かせない電気の節約方法

生活に欠かせない電気、電力会社から供給される電力を使う事で生活にゆとりを作る事が出来ますし、生活に便利さを与えてくれます。

電気を利用しているオール電化住宅などの場合はエネルギーが電気になるわけですから、電力の安定供給が必要不可欠です。

しかし、オール電化住宅にすると電気代が高くなる、今までよりも光熱費が高くなってしまうケースもあります。

これはオール電化住宅の場合、1日の電気代が時間帯に応じて異なるからです。

例えば、朝7時から夕方頃までは最も電気代が高くなり、夕方頃から午後11時頃までは従来と同じ電気料金、そして午後11時頃から翌朝の7時頃までは深夜料金で、電気代が最も安い時間帯になるなどの特徴を持ちます。

これはオール電化住宅の場合、夜間の電気料金が安い時間帯の電力を利用してお湯を沸かしておくなどが出来るからで、日中の電気代が高くなってしまうため、経済的な負担が大きくなるケースもあります。

ちなみに、太陽光発電システムを併用すれば、一日の中で最も電気代が高い時間帯は太陽光発電で得た電力を利用出来るため、電気代の節約も可能になるわけです。

そのため、オール電化は太陽光発電システムと併せて利用すれば毎月の電気代を大幅に節約出来るメリットもあると言う事です。

電気代にはガスと同じように基本料金があります。

基本料金はガスや電気を使わない場合でも必ず支払う必要があるお金になります。

電気の場合は契約アンペア数に応じて電気の基本料金が決まるようになっています。

契約アンペア数は配電盤のブレーカーに付いている数値で、20アンペアや40アンペアなどのように住宅毎に契約アンペア数は異なります。

家族が多い場合には、一度に利用する電力が多くなる可能性があるなどからも、契約アンペア数は40アンペアや50アンペアなどのように余裕を持った数値にしているケースは多いと言えます。

最小契約アンペア数で電力を賄うには

これに対して、一人暮らしをしている人は電気を同時に利用するのは一人などからも、最小の契約アンペア数で十分電力を賄う事が出来るわけです。

例えば、エアコンと電子レンジ、ドライヤーを同時に使っても20アンペアの契約であればブレーカーが飛んでしまう事もありません。

しかし、家族が多い場合はエアコン3台と電子レンジ、そしてドライヤーを使えばすぐにブレーカーが飛んでしまうわけです。

必要以上に電流が流れた時にブレーカーが電力を遮断する仕組みになっているため、家族が多い場合には契約アンペア数も大きなものにしておかなければなりません。

契約アンペア数が多くなればなるほど電気の基本料金は割高になります。

しかし、最近では電子ブレーカーの登場により、契約アンペア数を引き下げた形で電力を活用出来る便利なシステムが登場しています。

出典元:ネオ・コーポレーション

電子ブレーカーは従来40アンペアの契約を行っていた家が、30アンペアの契約でも電力を賄えるようになると言う優れものです。

通常40アンペア近くの電流が必要になるものが電子ブレーカーに変える事で30アンペアの電流で住居内の電力を賄えるようになる、電気の基本料金の節約が出来る便利なシステムが誕生しているのです。

太陽光発電システムを導入することで得られる相乗効果

電気を使うのは住宅だけではありません。

工場などのように物づくりを行っている場所では機械を動かすために電力を必要としています。

工場で利用する電力は会社の経費の中で計上が行われるものであり、電気代を節約するために蛍光灯をLED照明に変える、電気を使っていない時にはLED照明を消しておく、もしくは使っていない場所のLEDを取り外すなどの工夫を行いながら電気代の節約を行っているケースは多いのではないでしょうか。

また、電源ケーブルは接続しているだけで待機電流が流れる、これにより無駄な電気を使い続けている事になります。

そのため、使わない電源ケーブルはコンセントから取り外すなどの節電を行っている人、企業は多いと言えましょう。

ネオコーポレーションなどの電子ブレーカーはこうした節電を行わなくても月々必ず支払いが発生すると言う基本料金を引き下げる効果を期待する事が出来るようになります。

ちなみに、従来50アンペアの契約だった住宅が電子ブレーカーを利用した事で40アンペアの契約で良くなった時には数千円などの基本料金の節約が実現出来ると言われています。

さらに、電気代を節約出来るようになると、人は節電意識がさらに高まる傾向を持ちます。

例えば、太陽光発電システムを導入した時、日中は太陽光発電で電気を作り出しているわけですから、無料の電気を使えるようになります。

普通に考えれば、無料の電気なのですから使い放題になるわけです。

しかし、太陽光発電システムを導入すると、夏時期などではエアコンの温度をそれ程下げずに生活を送る、冬時期などもエアコン温度を上げずに生活を送る、使っていない電源はコンセントから抜いておく、日中は電気を使わずにトイレに入るなど、節電意識が高くなるなどの特徴があります。

Posted on

パソコンは通販がお得に購入できる。

パソコン購入について

パソコンを購入する必要性が出た場合、大抵の方は家電量販店へ出かけて、そこでお店のスタッフの人に聞きながら購入される方も多いです。

お店の人に聞けば、分からない事はその場で質問して答えてもらうことが出来ますし、さらにインターネット回線の接続契約もそこで出来ます。

なので、初心者の方はそれらの家電量販店で聞きながら買えば、後で後悔することも非常に少なくなります。

しかし、家電量販店は店舗を構え、さらにスタッフを雇う人件費などがかかり、それが価格に提供してくることも多いです。

その為、家電量販店が一番安く購入できる場所かと言えばそうとは限らず、もっと安く購入できる場所や方法は沢山あります。

そして、家電量販店で購入するよりももっと安い金額でパソコンを購入できる可能性が高い所が通信販売です。

インターネット通販では、店頭で販売されている商品ラインナップよりも充実し、価格も激安の商品も揃っています。

本当にパソコンを見たことも触ったことも無い方は、家電量販店で聞きながら買ったほうが安心ですが、ある程度知識を持っている方なら、通販で購入したほうが安く買えたりします。

また、予算が10万円あったら、家電量販店で買える10万円の商品よりも、通販で買える10万円の商品のほうがハイスペックなものを購入することが可能です。

ですので、安くてハイスペックな商品を欲しいときにも、それが役立ってきます。

その他に、通販で購入できるパソコンの中にはBTOが出来る商品もあります。

BTOとは簡単に言ってしまうと「カスタム」の事です。

ベースとなる商品があり、注文時に高性能なCPUを積んでもらったり、メモリ容量を増やしてもらったりする事が出来ます。

店頭で販売されている完成品の中から、商品を探していく方法だと、要らない機能が付いている事もあれば、求めるスペックを有していないケースも多いです。

しかし、BTOならスペックが足りなければ、CPUや搭載メモリ容量を変更することが出来ますし、必要最小限の機能にしていけます。

自分用にアレンジすることが出来るため、納得して購入できるものを作れます。

家電量販店で購入するよりもお得なものも豊富

ネットではキャンペーンを打ち出しているお店も沢山あり、家電量販店で購入するよりもお得なものも豊富です。

中には、パソコン本体と光回線と言ったインターネット接続の契約を一緒にすると、現金キャッシュバックを受けられるものや、タブレットなどがおまけで付いてくるものもあります。

店頭で販売されている商品に付随するキャンペーンは、本体代金が高くつくので、結果的に安くならないケースも多いですが、ネットで販売している会社は余計な人件費を削減できるので、その分だけ安く、お得なキャンペーンを打ち出しやすいです。

購入するときには、業者が行っているキャンペーン情報にも目を通しておくと、お得な情報を発見出来ます。

ちなみに、ネットでは中古やリサイクルPCも販売されています。

そこまで高性能な商品を求めない方や、新品にはこだわらないという方はそれらの商品にも注目です。

特に最近はリサイクルPCの人気も高く、メーカーや業者が、クリーニングや点検を行った商品を販売してくれるので安心して使うことが出来ます。

また、お店によっては1年間ほど保証を付けてくれる所もあるので、オークションなどで購入する中古品よりも、サポート体制で優れています。

安く購入できるのは中古で購入する方法ですが、購入した後に故障したり、トラブルが起きるのが嫌だという方は、リサイクルパソコンを購入するのも一つの方法です。

周辺機器やパーツも売られている

また、ネット通販で取り扱っているのは本体だけではなく、周辺機器やパーツも売られています。

例えば、既にデスクトップPCやノートPCを持っている方で、「現在使っているPCの性能をもっと良くしたい」と感じたら、CPUやメモリだけ購入してパーツを交換したり、取り付けたりする事も出来ます。

一式購入するよりも、パーツだけ購入したほうが安く済むので、通信販売でパーツも買ってみると良いです。

その他に、プリンターやスキャナー等の周辺機器もネット通販で購入することが出来ます。

オフィスで利用する目的で購入する方は、それらの周辺機器も一緒に買ってみると手間が省けます。

このようにインターネットで買う方法は店頭で販売されている商品よりも価格が安い傾向にあり、さらに購入できる商品ラインナップも豊富なので、中級者や上級者の方はネットで買うのも便利です。

また、購入後にマウスやキーボードなど、ちょっとした周辺機器を購入するときもネットで購入すれば、お店までいかなくても簡単に購入することが出来ます。

自宅近くに家電量販店がないときにもそれは役立ちますので、使ったことがない方は活用していくと良いです。

一緒にまとめ買いをすると、送料を無料にしてくれる業者もあり、まとめ買いをするのもお得に購入するための方法としてあります。

パソコンを通販で購入するなら、パソコン専門店のドスパラがおすすめです。
※参考サイト「ドスパラ評判口コミ

Posted on

子供に空手道場で空手を習わせるメリット

空手は防具を装着するので安全

子供に空手道場で空手を稽古をさせたいが危険ではないかと躊躇している方は少なくありません。

ところが、空手は持たれている印象とは異なり危険な武道ではないです。

空手にも様々な種類がありますが、多くの練習時間は形を覚えるということで占められているため全く危険性はありません。

そして、試合では拳を対戦する相手と交えることになりますが、防具を装着して戦うため危なくないです。

極真空手などの場合は危険性が高くなりますが、子供が稽古するような内容の空手だと危険性を意識する必要はほとんどありません。

5歳ぐらいから習わせるのがベスト

空手を子どもに習わせたい場合は、できるだけ早めに始めさせた方が良いのですが、目安としては、およそ5歳ぐらいになります。

子供の中には、およそ3歳ぐらいから空手道場に通っている場合もあります。

小学校に入学するタイミングで空手道場に通わせるというのも良い方法の1つとなります。

空手の稽古を始める年齢は、ある程度、子供の状況や気持ちに応じて選ぶことができますが、あまり年齢が幼い頃から習わせると怪我をしてしまう可能性が高くなってしまうことは前もって知っておく必要があります。

空手を子供に習わせるメリットとは?

空手を習うメリットはたくさんあります。

代表的なメリットとして挙げられるのが集中力がつけられるということになります。

空手は激しい動きと静かな動きを頻繁に切り替える必要があり、集中力がないと行うことができません。

ですので、空手を習っていると集中力が自然に身につくようになってきます。

そして、空手にはストレスを解消させるというメリットもあります。

空手の稽古をするときには大きい声で気合を入れるため、ストレスを解消させるのに非常に適しています。

運動不足解消にもなる

そして、身体を動かすことになるので運動不足解消になるというメリットもあります。

空手は形を大切にする武道で、形を覚えることによって自分の身体の身のこなし方が効率的になります。

その上に、空手そのものが全身を使った運動になるため、良いバランスで身体全体の筋肉を鍛えることができるのもメリットになります。

そして、近頃は脳が適度な運動をすることによって発達する効果があることが分かってきていますが、空手を実際に習っている子供は学校の成績についても良い結果を残している場合が多いです。

子供に空手道場で空手の稽古をさせることによって自信を持たせる効果を得ることが期待できます。

子供時代に養った自信は、大人になってから役立つことは、ほぼ確実です。

川崎市空手道場