投稿日:

早めの回収が重要な売掛金

■商売を行っていく上で重要な資金繰り

商売を行っていく上で重要なことは資金繰りですが資金がショートしないように売った物に対する代金の回収は急ぐのが鉄則です。

かつては村社会などで口約束での商売などもよく行われていましたが、昨今では大企業ですら経営破綻するご時世ですからいつまでも口約束での商売は成り立ちません。

口約束でつけでの商売の最たるものが売掛金と買掛金です。

物を売ったときのつけが売掛金で買ったときのつけが買掛金ですがこうしたつけでの商売は徐々に姿を消してきています。

これには理由があって現金化しにくいものでの取引を敬遠する動きが加速しているためです。

なるべく早く現金で受け取るようにしないと、その売った代金で得られたお金による次の商売への支障になるばかりか支払にも窮する事態にならないとも限りません。

いかに現金化を早く行うか

したがって迅速に現金化するように取引を行っていくことが肝要となります。

今までの取引でつけでの商売を主にしてきた場合には貸し倒れになったケースも相応にあるものです。

したがって貸し倒れについてある程度はやむを得ないと思うケースもありますがそれでは納得できない人も当然います。

銀行などの融資を行っている側とその他の利害関係者はつけのような口約束ではなく現金で速やかに受け取るように指導あるいは助言等を行います。

それは彼等もその口約束で失敗して損失が出たときにとばっちりを受けたくはないためです。

■早めに現金化出来るような対処が必要

早期の回収の見込みがなければそもそもこの売掛金での商売を行うべきではなかたっと言えますが、長年の商慣行でこうした取引が常態化してきたことにも問題はあります。

このようなことを放置せずに早めに現金化出来るよう対処を行っていく姿勢が重要です。

何もせずに放置し続けることはそのこと自体が利害関係者への背反行為になり得ます。

したがってできる限り現金に変わるように努めるとともに新しい顧客への取引では現金による取引を行うように徹底するといった対応が必要です。

現金即決済のメリットについて

現金での取引にはメリットも生まれますのでそのメリットを活かしたやり方も取り得るものです。

たとえば現金で即決済を行うことを徹底する代わりに大量でかつ安価で商品を仕入れるスタイルを貫くなどのやり方があります。

大量にものを仕入れてくれるので値引きせざるをえずさらに即現金での取引で完了するためその後の後腐れがありませんから、商売がお互いにやりやすいわけです。

仕入れた側は安く仕入れることに成功していますので、利益やそのほかの経費を加えても他社より安価な売り方が可能となり売上増に繋がるわけです。

こうした取引では同じものを大量に仕入れる代わりに代金の大幅な値引きの要求を行います。

さらにつけなどでは商売をせずに現金のみで一括で即座に支払うようにしていますので、相手も売った代金の取りはぐれがありません。

貸し倒れなどの心配が無いわけでこれは強みになります。

しかも現金になっていますのですぐに次の行動へと移りやすいことになり、商売のスピードアップになっていくわけです。

これ以外にもメリットがあり代金の回収や支払について人手を割く必要が少なくなります。

現金ですぐに支払うわけですから貸し倒れの心配が無いことは無論のこと、後日において現金での回収を行うための人員手配などの必要が少なくなります。

単純に商売の話だけを行えばよくこうした販路を複数持つことで競争にも打ち勝ちやすくなってくるわけです。

■保管場所などの対応力が求められる

デメリットとしてはそもそも大量に仕入れてすぐに売れるだけの対応力が必要になります。

またその大量に仕入れたときの保管場所なども重要です。

保管場所から販売するまでの距離が長いと損耗などの原因になり得ます。

仕入れたら速やかに移動させ販売に繋げていくことで商品を手元になるべく置かないように工夫することも求められるやり方です。

すなわちこの取引ではある程度のノウハウが必要であり、売掛金での取引にメリットをあまり感じない者同士でやるのに適した商売になります。

なお大量に仕入れる場合には相手に足下を見られないようにする工夫が欠かせません。

そのため特定少数の業者だけではなく別の相手も適宜見つけていく努力が必要になります。

得意先の倒産というリスクを最小限に抑える

小売業の場合はこの傾向が強まり色々な取引先を見つけお得意様となっておくことで、いざというときに別の商売へと繋げられます。

すなわち逃げ場を確保することになりまた目玉商品の仕入れ先などを複数箇所確保すれば、その分だけ商売がよりやり易くなるわけです。

このように大量仕入れなどを行って安価で商売を行う側は知恵を絞っていて、売掛金等のつけでの商売ではなく現金で対応することによって商売を円滑にすることが可能になります。

すなわち得意先の倒産というリスクを最小限に抑えることにもなり、相手にも自社にもメリットがあるわけです。

売掛金や買掛金での取引では最終的な決断及び現金化するまで時間がかかりすぎることもありますし、時間が勝負の商売にあっては致命傷になりかねない問題を孕んでいます。

売掛金買取デメリットより引用