投稿日:

ピアノの練習音は不快に感じる方が多い

グランドピアノの前に小さな女の子がチョコンとすわって練習しているのか、繰り返し弾く様子を眼を細めて眺める・・。

幸せな家庭のイメージにピッタリであり娘を持つ父親なら一度は想像してしまいそうなシーンではありますが、ピアノの練習で発せられる音は現実には結構な不快音になってしまうこともあります。

かくいう私の家内は自宅にてピアノレッスンを行うピアノ講師ですが、彼女の元に訪れる「習いはじめ」の子供たちが奏でるピッチの安定しない楽曲は時に思考を混乱させたり作業の集中力を大幅に阻害する「騒音」と感じることも正直あります。

上手になるためには練習あるのみですから致し方ない部分もあるのですが、一日中コレを聞きながら仕事をするのは結構な苦行でございます。

ピアノ防音のことならここのホームページがおすすめですね。

マンションや住宅地などを散歩しておりますとこうした子供が奏でるピアノの練習音が聞こえてくるのですが、ところどころ止まる演奏に散歩の足がつまづきそうになるのはご愛嬌というものです。

しかし建物に面した道路まで聞こえてくるのですから窓をあけているのか?はたまた防音対策を一切とっていないのか少々ばかり要らぬ心配をしてしまうのですよね。

特にマンションなどのコンクリートつくりの建造物の場合、ピアノの音がキンキンと高い音になって漏れる事がありこれは音の発生源になっている家はともかく周りの住人にはいささか不快にしか感じないはずでございます。

ピアノの置台やアップライトピアノの背面に防音板をつけるだけでこういった音は解消されるのですがそれもしていない様子でございますね。

幼子がピアノの練習をする光景は微笑ましいものではありますが、親御さんとしてはそれが他人を不快にさせていないかの配慮はしていただきたいところ、音が漏れまくっているにも関わらず上手に弾けないフレーズが何十分にもわたりリフレインされるのは立派な迷惑行為になっていますので注意です。